中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 3 view

お茶飲み人が知っておくべき8つのタブー

饮茶者必知的八大禁忌

一.喜喝新茶

由于新茶存放时间短,含有较多的未经氧化的多酚类、醛类及醇类等物质,对人的胃肠黏膜有较强的刺激作用,易诱发胃病。所以新茶宜少喝,存放不足半个月的新茶更应忌喝。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0506/article_107973.html

1.新茶を好んで飲む

新茶は保存しておく期間が短いため、まだ酸化されていないポリフェノール類、アルデヒド類、アルコール類が比較的多く、人の胃腸の粘膜に強い刺激作用を持っており、胃病を誘発しやすい。そのため、新茶は少し飲むのが良く、半月以上保管していない新茶は飲むのを避けるべきである。

2.一煎目のお茶を飲む
茶葉は、栽培や加工工程の中で農薬などの有害な物質に汚染されていることもあり、茶葉の表面にはそれが一定程度残留しているので、最初の一煎目は洗い流す作用を期待する上でも飲まない方が良い。

3.空腹でお茶を飲む
空腹でお茶を飲むと胃液が希釈され、消化機能が低下して、下垂吸収率が高くなり、茶葉の中の良くない成分が血液中にたくさん流れ込み、めまいや動悸、手足の無力感などの症状を引き起こす。

4.ご飯のあとにお茶を飲む
茶葉の中には多量のタンニン酸が含まれており、タンニン酸は食物中の鉄元素と反応を起こし、溶けにくい新物質を生じ、時間が長くなると人体の鉄欠乏を引き起こし、ひどいときは貧血症を誘発する。正しい方法:食後一時間したらお茶を飲む。

5.熱が出たときにお茶を飲む
茶の中にはテオフィリンが含まれており、体温を高める作用があるので、熱の出ている病人にお茶を飲ませると”火に油を注ぐ”ことになる。

6.潰瘍のある病人がお茶を飲む
茶葉の中のカフェインは胃酸の分泌を促進し、胃酸濃度が高くなり、潰瘍を誘発し酷いときは穴を開ける。

7.月経期にお茶を飲む
月経期に、特に濃いお茶を飲むと症状を誘発したり重くなります。医学の専門家の研究は、お茶を飲まない人とお茶を飲む習慣のある人との間では、緊張症の発生率は2.4倍であり、毎日お茶を4杯以上飲む人とは、3倍に増加することを発見しています。

8.一つのお茶から変えない
一年の四季は気候も違うので、飲むお茶の種類もそれに合わせて調整するのがよい。春は花茶を飲むのがよろしい。花茶は身体の中にある一冬の間の寒邪を取り去り、人体に陽気を発生させることを促進する。夏は緑茶を飲むのがよろしい。緑茶は苦寒の性質があり、熱を取り、暑さを消し、毒を解き、胃腸の機能を強めて、消化を促進し、下痢や皮膚の感染などを防止します。秋は青茶を飲むのがよろしい。青茶は寒からず熱からずで、体内の余分な熱を取り去り、温の性質を回復させ、神経を清らかで爽やかにする効果がある。冬は紅茶を飲むのがよろしい。紅茶は温の性質があり、豊富なタンパク質を含み、ある程度栄養を補給する効果があります。

 

これは、あくまで1つの解釈です。

とはいえ、結構、理に適ったことも言っているような気がします。
「何に効く!だから買え!」という売らんが為の情報ばかりではなく、「こういう時は止めた方がいい」という情報も、日本語で入手しやすくなると良いですね。
情報はフェアでなければいけません。

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP