中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 7 view

祁門紅茶の生産ラインもインテリジェント化が進む

手がかかるとされてきた工夫紅茶の代表格・祁門紅茶ですが、かなりハイテク化した生産ラインが導入されているようです。

祁门红茶采用智能化红茶生产线

4月16日,记者在祥源祁红茶业公司标准化的祁红清洁化生产车间看到,进入萎凋槽的茶叶鲜叶,正在按照编程预先设置的温控传输带,自动转入下一道工序,偌大的生产车间里,除了几名操作技术人员巡视查看茶叶萎凋、揉捻情况,适时调节一下机械数控指标以外,几乎看不到过去传统红茶生产中工人忙碌的身影。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0417/article_169340.html

4月16日、祥源祁紅茶業公司の標準化された祁門紅茶クリーン化生産ルームに取材に行ってみると、萎凋槽に入った生葉が、あらかじめプログラミングされた通りに、温度管理がされたベルトコンベアによって自動で次の工程へちょうど進んで行くところでした。広い生産ルームの中には、茶の萎凋、揉捻の状況を見て、適宜、機械の数値をコントロールしている数名のオペレーターがいる以外は、かつての伝統的な紅茶生産のように多くの人が忙しく働く姿は見られませんでした。

「このラインは1日に20000斤の生葉を加工する能力があります。現在、世界でもトップレベルにあるインテリジェント化紅茶生産ラインで、連続変温萎凋、連続変温発酵を実現し、紅茶の品質を安定、そして標準化するための確実な技術が保証されます」と祥源祁紅茶業公司の姜紅如さんは紹介します。

標準化、クリーン化、インテリジェント化。これはここ数年、祁門紅茶産業の成長の中で使用頻度が最も高い言葉です。また大規模な紅茶企業が生産規模を拡大するために、製茶機械の能力を向上させるのは必然の選択です。

安徽省祁門紅茶発展有限公司にある、中国で初めての全自動化祁門紅茶生産ラインの作業場では、生葉が原料投入口から貯蔵庫に入れられると、萎凋、揉捻、発酵、乾燥の一通りの工程が全てベルトコンベアで運ばれて完成され、作業員の仕事は各工程の運転状況を観察し、機械の数値指標を変えるだけです。この全自動化生産ラインは、初めて祁門紅茶の加工を原料から製品までを一体化し、クリーン化し、標準化することを生産目標に置いています。

これ以後、クリーン化、標準化、自動化された紅茶生産設備が多くの紅茶企業で導入され、現在は祁門県の祥源祁紅茶業公司、祁門紅茶発展有限公司など3社の企業が既に全自動化された紅茶生産ラインを備えており、生産上で巨大な効益を発揮し、年間の生産金額は億元規模にまで達しています。

今年、華盛茶業公司、謝裕大祁門紅茶廠はクリーン化、標準化紅茶生産ラインを導入し、生産に入ることになっており、そのほかの大手紅茶会社も投資を行う計画を持っています。事実、自動化の紅茶生産設備は祁門紅茶の品質に有益であると同時に、紅茶の生産効率を飛躍的に高めるのです。

現在、祁門紅茶のクリーン化、標準化、全自動化された紅茶生産の生産能力は既に全県の紅茶総生産額の半分以上に達しており、将来は祁門紅茶は少量の高級紅茶製品で伝統的な手作り茶を作る以外は、他の紅茶は全て標準化、全自動化の生産にシフトすることでしょう。これもまた祁門紅茶産業”2111”プログラムの中で、紅茶の産量1万トン越えと総算出金額100億元の目標を実現するための鍵になる部分なのです。

 

祁門紅茶は、量産品に関しては基本的に全自動生産ラインで大量に作る方向に持っていくようです。元々、国際競争力に晒されやすい商品である紅茶なので、取り組みが他の茶類よりは進んでいるように感じます。

産地情報の最近記事

  1. 雲南高山茶の茶摘み始まる

  2. 雲南省著名産地の頭春茶原料価格

  3. 河南省信陽市光山県、黄金茶の茶摘み始まる

  4. 河紅茶、製茶シーズンに

  5. 金駿眉の製茶シーズン始まる

関連記事

PAGE TOP