中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 7 view

脂溶性農薬使用のススメ

清明節を過ぎて暖かくなってくると病虫害の心配が出てきます。
そこで農薬の使用も始まってくるわけですが、脂溶性の農薬の方が効果が高いと呼びかけています。

茶园选用脂溶性农药效率高

过了清明,茶树的病虫害开始渐渐冒头,打农药成了不可避免的选择。然而传统农药需要频繁使用,残留也较大,对茶叶的品质有很大的影响。针对这种情况,小编建议茶农,不妨尝试使用最新的脂溶性农药。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0417/article_169360.html

清明節を過ぎると、茶樹の病虫害がだんだん表面化してくるため、農薬を撒くことは避けられない選択です。しかし、伝統的な農薬は頻繁に使用せねばならず、残留も多くなりがちで、茶の品質に大変大きな影響があります。
このような状況に対して、筆者は茶農家のみなさんに最新の脂溶性農薬を試してみてはどうか、と提案します。

脂溶性農薬は効果が高くて、毒性は低く、残留も少ないという利点があります。これは国家茶葉産業技術体系の病虫害機能室による”茶園農薬代替計画”による産物で、価格は一般の水溶性農薬よりも3分の1ほど高くなりますが、25日に1回散布するだけでよく、伝統的な水溶性農薬の3~5日に1回よりも優れています。

 

農薬も新型農薬が開発され、それに代替を促しているようです。
なかなか農家の末端にまで農薬の正しい知識が行き渡っていないのが現状としてあるので、これをどうしていくかも中国の茶業の課題ですね。

科学と機能性の最近記事

  1. 普洱熟茶の軽発酵と重発酵

  2. 雲南農業大学の校長が語る発酵茶(プーアル茶)の機能性

  3. 雲南大葉種の特徴をみる

  4. 普洱茶の老茶頭について

  5. ”水味”が生じる4つの原因

関連記事

PAGE TOP