中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 1 view

福州市の中医院、霧や黄砂対策のお茶を処方

PM2.5など大気汚染が問題となっている中国ですが、福州市の中医(漢方)院では肺に効果のあるお茶を処方しているそうです。

 

福州市中医院推出“雾霾清肺茶”

2月26日,福州市中医院药剂科中药房工作人员正在将该院新近研制推出的“雾霾清肺茶” 进行装袋。据福州市中医院药学部主任李丹介绍,目前中国许多城市出现的雾霾天气,往往也是流行性感冒高发的时候。从中医上讲,雾霾属于“瘴气”,有毒性;从西医的角度,雾霾中携带着大量的尘埃、病菌、病毒,还有细微颗粒,都是对人体尤其肺部有危害的物质。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0227/article_167317.html

 

2月26日、福州市中医院薬剤科の中薬局では、この病院が最近開発し発売する”霧霾清肺茶”を従業員が袋詰めしていました。福州市中医院薬学部の李丹氏によると、現在、中国の多くの都市ではスモッグや黄砂の天候が現れており、往々にしてインフルエンザなどが流行る時期でもあります。中医の観点から行くと、スモッグや黄砂は”瘴気”に属し、毒性があります。西洋医学の観点から行くと、スモッグや黄砂は大量の砂埃、病原菌、ウイルス、そして微細な粒子を運んでおり、いずれも人体の特に肺には有害な物質です。

この病院では、広州、北京などの中医の専門家が、地元で臨床した結果が良い”霧霾清肺茶”を福建の地理環境や気候の特徴と結びつけ、この病院の中医薬の専門家と研究し、肺をいたわり、清め、人体の免疫力を高める効果のある”霧霾清肺茶”を作り上げました。処方を始めてから10日ほどになりますが、市民に歓迎されています。

 

どのような処方のものなのかは分かりませんが、深刻な大気汚染に苦しむ人々が少しでも楽になると良いですね。

 

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP