中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 68 view

武夷山では春茶のふるいがけが始まる

武夷山でも製茶が始まっているようです。

 

武夷山市天心村茶农正在给春茶开筛

 

5月2日,武夷山市天心村茶农正在给春茶开筛。今春以来,武夷山持续低温、多雨,导致春茶开园采摘期推迟,目前春茶采摘进入高峰期,茶农正忙着采摘茶叶,并对茶叶进行粗加工。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0506/article_156488.html
5月2日、武夷山市天心村の茶農家では、春茶のふるいがけを行った。
この春以降、武夷山では低温と雨が続いたため、春茶の茶摘みが遅れ、現在が春茶の茶摘みのピークになっています。茶農家たちは、茶葉の摘み取り作業や初期加工に追われています。
同じ福建省でも、安渓は絶好調のようですが、武夷山は低温と長雨で、やや茶摘みが遅れたようです。
今年の出来がどのようなものになるか、気になるところです。

産地情報の最近記事

  1. 高温続きで西湖龍井茶の茶樹が焼け焦げる

  2. チベット自治区、初の茶の新品種「蔵茶1号」を登録

  3. 雲南省普洱市の茶の産出額、10年で10倍に

  4. 西湖龍井茶の茶畑に日除けが登場

  5. 福建省南平市、”万里茶道”の世界遺産申請と茶文化交流模範区の建設を推進

関連記事

PAGE TOP