中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

安化県も茶摘みのシーズンに

安化松針や安化黒茶の産地として知られる安化県も茶摘みシーズンに入ったようです。

 

安化县已全面进入春茶采摘旺期

3月18日,产茶大县安化已进入春茶采摘旺期。今年立春早,给茶叶生长带来了适宜的气候条件。3月7日第一批春茶在马路镇千秋界茶业千亩茶园基地开摘,比去年提前21天。由于劳动力成本上涨,鲜叶收购价比去年约提升20%。同时,春茶连年俏销带动价格持续上扬,目前明前茶订购均价已达到每公斤3000元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0320/article_154420.html

記事によると、茶の生産の盛んな安化県は3月18日に春茶の茶摘み繁忙期に入ったそうです。
今年は春の訪れが早く、茶葉の成長に適した気候条件になったようです。
3月7日には、馬路鎮の茶園で最初の春茶が摘まれました。これは昨年よりも21日早いとのことです。
労働力のコスト上昇から、生葉の購入価格は昨年より20%上昇しています。
春茶は例年人気があり価格が上がってきましたが、現在明前茶の予約平均価格は1kgあたり3000元に達しています。

安化県馬路鎮では特殊な気候があり、毎年、この地域の春茶は他の地域よりも早く摘まれます。
3月7日に摘まれたのは、今年全市の春茶の中でも一番茶でした。
ここには安化県の雲台山大葉種の拡繁・模範茶園があり、安化黒茶に適した専用品種の生育試験と選別、繁殖が行われています。
2009年、雲台山大葉種の中から4つの優良品種が選抜して栽培され、その中の安茶1号は他の品種よりも10日あまり早く萌芽し、春茶発売レースの「武器」となっています。
100畝の試験茶園もあります。ここでは、有機や環境保護要求の標準化管理も行い、茶樹の成長に適した優良な環境を提供して、早期発売と品質の優秀さの2つの特性を持った品種を育てています。

現在、安化県の茶園総面積は20万畝に達し、そのうち摘採可能な面積は14万畝です。
今年の春茶の産量は1万トンあまりと予測されており、生産金額は10億元を突破する見込みです。

 

安化黒茶が絶好調な安化県ですが、次世代の品種の開発など、色々と試みを行っているようですね。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP