中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶藝と茶空間
  2. 2 view

呉巍、王愛国の簡帛紫砂記念切手発売される

中国も新年を迎え、干支を取り入れた新商品が色々出ています。
先日は記念切手を磚茶にしたものをご紹介しましたが、今度は記念切手そのものです。

 

吴巍、王爱国简帛紫砂十二生肖邮票发行

记者获悉,为迎接蛇年春节的到来,国家邮政局日前发行了一套十二枚的“吴巍、王爱国简帛紫砂十二生肖作品”邮票。该套邮票首次将书法家吴巍的“简帛书法”艺术与王爱国“紫砂艺术”融为一体,形成全新视角的珍邮艺术品。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0213/article_157483.html

記事によると、呉巍の書と王愛国の紫砂壺がコラボした記念切手のようです(上記写真)。

呉巍さんは、北京簡帛書法技術院の院長であり、2000年以上も続く簡帛書法を整理、研究し、創作活動を行っている方だそうです。

王愛国さんは、20年あまりも紫砂壺の制作に携わっており、伝統的な手法を守りながら、新しい試みをされている方とのこと。
実用性と芸術性を両立できるようにされているそうで、作品には独特の風格があり、国内外収集家の垂涎の品となっているようです。

 

茶壺が記念切手になるというあたりは、実に中国らしいですね。

茶藝と茶空間の最近記事

  1. 中等職業専門学校の専攻科目に茶藝と茶マーケティングが追加

  2. 広東でオーダー茶器が流行

  3. 貴州省の茶藝コンテスト

  4. 茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

  5. ”鉄瓶を使うと水質が柔らかくなる”は本当か?

関連記事

PAGE TOP