中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

黄山市、2013年の茶業重点項目を制定

安徽省黄山市は、その施政下に黄山毛峰、太平猴魁、祁門紅茶などの名茶産地を抱えています。
茶業に力を入れる市として、2013年の政策が発表されたようです。

 

黄山市敲定2013年茶叶产业发展重点项目

记者从2月4日召开的全市茶产业发展座谈会上了解到,今年黄山市将新发展无性系良种茶园2万亩,建设高效生态茶园2万亩,优化改造初制加工厂80座,新培育从事茶叶精深加工企业1-2家,茶农人均收入突破4000元,自营出口创汇9000万美元。

据黄山市农委负责人介绍,今年该市将依托现代农业(茶叶)项目和农业综合开发项目,主抓2000亩无性系良种茶园示范片建设,同时试点推广茶园耕作采摘机械化,逐步解决劳动力短缺问题;继续狠抓茶叶质量安全工作,在保持原“企业+合作社+基地+村民”和“合作社+基地+村民”等模式基础上,重点推进以村级组织为主体的统防统治队伍建设,保障茶叶质量安全;继续加大龙头企业扶持力度,以省市级龙头企业为抓手,重点选择20家成长性好的企业,加大扶持力度;加快茶叶品牌整合,推动黄山毛峰、祁门红茶、太平猴魁等茶叶品牌整合,启动出口茶在境外品牌注册工作;创新形式办好第九届“中国黄山茶叶暨名优农产品博览会”,扩大黄山茶的知名度;组建民生银行黄山茶产业合作基金会,解决中小茶企融资难问题,优化企业发展金融环境;加大茶产业招商引资;利用“智慧黄山”、“黄山茶叶网”等平台,推进物联网工程,推进茶叶网络营销;加大黄山茶品牌宣传等。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0210/article_157444.html

 

今年、黄山市は無性繁殖品種の茶園を2万畝、高効率の生態茶園を2万畝、優れた初期加工工場をへの改造を80カ所、精製加工企業を1~2社育成、茶農家の1人あたり収入4000元突破、自力での輸出額9000万アメリカドルを目指すそうです。

黄山市農業委員会の責任者によると、具体的には以下のような政策を行うそうです。

・2000畝の無性繁殖品種茶園を作るほか、労働力不足の問題を解決するために機械摘みのトライアルも行う。
・「企業・組合・茶園・農民」あるいは「組合・茶園・農民」という生産組織を維持しながら、チェックを行う体制をつくり、茶葉の品質と安全を確保する。
・業界をリードする茶葉企業への支援を継続し、各地域のトップ企業を20社程度選び、重点的な支援を行う。
・ブランドの統合を進め、黄山毛峰、祁門紅茶、太平猴魁などのブランドに集約して、海外への売り込みも図る。
・黄山茶の展示会を実施し、黄山茶の知名度向上に努める。
・民間の銀行による黄山茶業協力基金を作り、中小の茶企業の融資難を解決し、企業の発展に必要な金融環境の整備を行う。
・企業誘致や投資に力を入れる
・既存の取引システムを活かし、茶葉のネット販売を推進する。
・黄山茶のブランドの宣伝に努める

 

実に、具体的かつ明確な政策を打ち出していますね。
成長戦略というのはかくあるべきだと思います。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP