中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 73 view

西湖龍井の茶摘みが本格化

西湖龍井の茶摘みのピークが本格的に始まったようです。
これは早生種の龍井43号に続いて、群体種の茶摘みが始まったためです。

西湖龙井茶正式进入大量采摘期
http://news.t0001.com/2012/0406/article_141261.html

記事によると、西湖の龍井茶区のうちの7割は群体種で、龍井43号が占める割合はまだ3割ほどとのこと。
群体種の茶摘みは4月1日、2日頃から少しずつ始まり、25日頃まで続くそうです。43号の方は、それよりも1週間~10日ほど早いのだとか。
在来種の方が、味の評価は現地でも高いようです。

今年の西湖風景区での西湖龍井茶の産量は120トン前後になるものと見られ、価格については、人件費や肥料等のコストが上がったことから10%程度の値上がりになる見込みとのこと。

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP