中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 21 view

高すぎるお茶が海外進出を阻む

高騰の続いている中国茶。
この価格の高さが、国際市場での競争力を無くしているという記事です。

“天价茶叶”难觅国际市场
http://news.t0001.com/2012/0329/article_140716.html

「1kg400元以上のお茶の90%は中国国内で消費されており、中国は高級茶の消費大国だ」と中国茶葉流通協会の副会長が発言したそうです。中国国民の「高くて新しいもの」を求める傾向に歯止めをかける体制が整っていない、としています。

2011年、中国は32.26万トン(前年比6.66%増)、金額ベースで9.65億ドル(前年比23.08%増)のお茶を輸出しています。
しかし、こうした輸出用のお茶は付加価値が高くなく、ほとんどが中の下レベルの紅茶だそうです。その一方で国内では、派手な宣伝により、法外な値段のお茶の話題で持ちきり。でも、こうしたお茶は輸出されることはほとんどありません。

この理由として、国際市場では、ファーストフード的なティーバッグのお茶が主流であり、「色、味、香り、甘さ」といった要素はほとんど求められていません。

一方、国内市場では、「高品質」「高価格」「目新しさ」というところを追い求めており、18万元の法外な値段の龍井や、1キロ数万元の金駿眉、大紅袍のような高級なお茶に需要が増加しています。これは贈答用の必需品となってきました。

このような商品のニーズがあるのは、欧米や日本の一部に過ぎず、法外な値段の商品の販売や消費を規制すべきでは、との声も上がっているようです。
というのは、このようなものが跋扈し始めると、汚職などさまざまな不祥事に繋がる可能性があるから、とのこと。

日本の中国茶ファンとしては、中国の動向を冷静に見極め、彼らと一緒にバブルに踊ることのないようにしたいものです。

市場環境の最近記事

  1. 安徽茶博会、100名以上が生配信主に

  2. プーアル茶の価格はどのような要素で決まるのか

  3. 北京・馬連道の街区改善計画

  4. 普洱茶の世界から”私房茶”が少なくなった理由

  5. チベット自治区、”健康飲茶”作業実施計画を発表

関連記事

PAGE TOP