中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 76 view

手摘みのスピード

手摘みというのは、高級茶に欠かせない要素ですが、一体どのくらいのスピードで摘めるものなのでしょうか?
茶摘みコンテストが開催されたようですので、その様子を見てみましょう。

采茶女比手快 1分钟掐起300嫩芽芽
http://news.t0001.com/2011/0319/article_121516.html

記事によると、このコンテストの優勝者は20分間に223gを摘んだそうです。
これは換算すると、大体6,000個の新芽にあたりますので、1分間に300ほどの新芽を摘んだ計算になります。

ちなみに、1斤(500g)のお茶を作るのに、ここのお茶の場合は15,000の新芽が必要なのだそうです。
優勝者のペースで計算しても、1人で摘むとしたら約1時間かかります。

こうして見てみると、手摘みのお茶というのは、大変な労力が必要なものであることが、よく分かりますね:-o

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP