中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 1 view

雅安市名山区の茶葉会社は大部分が生産再開

4月20日の四川大地震の影響が心配されていた雅安市の茶葉会社ですが、大部分の会社は生産を再開したようです。

 

雅安名山区大部分茶叶加工企业已恢复生产

28日,记者来到位于雅安名山区中峰乡的四川省蒙顶山皇茗园茶业集团有限公司厂区,寂静了几天的车间重新发出机器轰鸣声,厂里正式恢复了茶叶加工生产,为当地茶农增收带来了希望。目前,名山区大部分茶叶加工企业已恢复生产,部分外地客商已经返回名山收购茶叶。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0429/article_156245.html
28日、記者が雅安市名山区中峰郷の四川省蒙頂山皇茗園茶業集団の工場に行ってみると、ここ数日の間はひっそり静まり返っていた作業場では、再び機会がうなり声を上げていて、工場の中では正式に茶葉の加工生産が再開し、現地の茶農家たちに収入を得る希望を与えています。
現在、名山区の大部分の茶葉加工会社は既に生産を回復しており、外地の茶商も一部は名山に戻ってきて、茶葉の買い付けを行っています。

28日午前10時、雅安市名山区万古郷九間楼村の村民は、茶摘みの最中で、彼は2人の茶摘み人を雇っていました。
茶摘み人の話によると、「地震後、私たちは休むことも無く、ひたすらお茶を摘み続けていました。地震によって私たちは被災しましたが、私たちはただひたすらに生産をしてお金を稼ぐ必要があり、こうすることでしか損失は取り返せません。」と話しています。

村にある茶葉取引所は早々に開き、民衆は取り引きに追われています。
お茶を売ったばかりの農民の話によると、「地震後、多くの村民はびっくりしてしまって、お茶を摘む余裕が全く無かった。しかし、22日には大多数の人が外へ出て茶摘みを始めた。良かったことは茶葉の価格に影響がほとんど出なかったことだ。今日摘んだ一芽一葉のお茶は、1斤14元になった」と話しています。

地元で茶葉を購入している茶商の話によると、「地震当日でも茶を購入していましたが、茶摘みをする人は少なかった。1斤あたりの生葉の価格は地震当日の7元から14元に値上がりました」。
ここではほとんどの庶民が茶葉で生計を立てており、このような災害に出くわしたとき、私たちは政府に頼ることはできなかったとしたら、私たちはお茶を購入することもできず、庶民も茶葉を売ることができなくなり、損失はもっと広がっただろう」と話しています。

 

今回は地元政府が、とにかく茶葉工場の再開させ、経済を回すことを優先するようにしたのですが、それがどうやら奏功したようです。
茶摘み人の「稼いで取り返さなきゃ」という強さは、なんとも中国らしいと感じます。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP