中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

湖北省咸寧市、大雨と洪水で茶園に被害

湖北省を中心に集中豪雨と洪水が発生しており、茶産地にも被害が出ているようです。

湖北咸宁:强降雨造成严重洪涝灾害 夏茶采摘全面延误

连日来,强降雨天气给我市造成严重洪涝灾害,对我市茶叶生产带来影响。全市茶园总面积为40.3万亩,根据市特产局提供的统计数据,截至6日下午,全市茶叶受灾面积达20422亩,直接经济损失2826万元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201607/00004942.html

連日の強い雨は、咸寧市に深刻な洪水の被害をもたらしており、茶の生産にも影響を与えています。咸寧市の茶園の総面積は40.3万畝ですが、市の特産局が提供した統計データによると、6日午後までに、市内で被害を受けた茶園の被災面積は20422畝に達し、直接的な経済損失は2826万元です。

市の特産局の担当責任者によると、茶園は比較的標高が高いところを選び、成長した茶樹の根は発達していて、水と土を一定程度保護する効果があり、青果、野菜などの農作物に比べて、洪水の災害に対しては強く、まださほど深刻ではありません。主に被害を受けているのは一部の茶園の低くなっているところで、茶樹が水に浸されてしまっている状況があり、一部の茶園では、植えたばかりの幼木の根っこは安定していないので、雨水によって水面に浮かび、流されてしまったケースもあります。影響が最も大きいのは、秋茶の茶摘みが全面的に遅れることで、茶の品質もある程度下がり、水の排出、雑草の急速な成長などは茶農家にある程度の管理コストの増加をもたらします。

洪水の災害に対しての対策と茶の生産に対する被害を最大限軽くするために、市の特産局は市内の全ての茶の担当部門に対して、洪水の被害に対応するための経験と教訓を発信するように求めるとともに、すぐに行動を起こし、指導を強化し、当番制を強化して、予測の強化とタイムリーな災害状況の把握につとめるように指示しています。もし、深刻な災害や予期せぬことが起こった場合は、まず市の特産局に報告をし、幹部や技術職員を現場に派遣し、積極的に防災策を取って、最大限洪水の被害が作物に影響を与えないようにします。

取材によると、現在、市の全ての茶の担当部門は、既に各県、市、区の党委員会及び政府の統一の指導のもと、関連部門と密接に連絡を取り合い、全面的に防災減災のさまざまな措置を執っており、茶農家が困難や問題を解決できるように努めており、2016年の茶の生産目標が実現できるようにしています。

 

天災が起こった場合は、まずは地元政府がちゃんと動いていることをPRするのが目的になるので、かなり大本営発表的な記事ではありますが、市内の5%の茶園に被害が出ているのは確かなようです。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP