中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 4 view

茶粉はいかが?

春節の贈り物としてお茶をやりとりすることも増えてきた中国。
しかし、日本でもそうですが、中国でもお茶を淹れるという習慣のない人たちがいます。
そのような人たちのためには、茶粉はどうでしょう?という記事です。

茶粉:另类饮茶方式 别具风味
http://news.t0001.com/2011/0201/article_119724.html

粉末状のお茶は、なにより水かお湯に溶かすだけで飲め、しかもお茶に含まれるポリフェノールも丸ごと取れると紹介しています。

粉末のお茶というと、日本の抹茶が真っ先に思い浮かびますが、今や緑茶だけでなく、紅茶やプーアール茶、花茶などさまざまな種類のものが出ています。
日本で抹茶がケーキなどに使われているように、中国でもお茶の粉末を料理に使うようになるといいなあ、と専門家の方が語っています。

また、記事では、”抹茶”と”緑茶粉”は違うものであり、日本でも”抹茶”は少なく、日本から抹茶として輸入されているものも、多くは”緑茶粉”であると指摘しています。
そのための見分け方として、色が深緑で黄色っぽくないこと、味は苦みばかりでなく爽やかであること、粉のきめが細かいことなどをポイントとしてあげています。

お茶の国だけあって、お茶の品質については、結構シビアに見ていますね。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP