中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 82 view

做青もインテリジェント化の時代?

福建:茶叶做青实现智能化

作为第七届6·18对接项目,武夷山市永生岩茶厂与福建农林大学合作研发的智能化做青设备,具有数据储存和调用功能,改变了传统凭经验生产的模式,实现标准化和清洁化生产。图为6日,武夷山市永生岩茶厂技术人员按设定的数据操作智能化茶叶做青设备

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0615/article_109804.html

做青。烏龍茶の香りを作るとても大事な発酵の工程で、今までは職人の勘と経験が頼り。
作業自体も夜通し行われるような大変な作業でしたが、オートメーション化の時代がやってくるかもしれません。
武夷山市の工場と福建農林大学が做青のインテリジェント化設備を研究していて、実際に設置を始めているそうです。

中国も人手不足と熟練の職人不足が深刻になってきました。
衛生的な工場にするためにも、このような研究は今後もどんどん進んで行くことでしょう。
時代の流れ、ですね。

産地情報の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 『雲南省古茶樹保護条例』を可決。外国人への罰則も明文化

  3. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  4. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  5. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

関連記事

PAGE TOP