中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶藝と茶空間
  2. 9 view

中国人の奉茶の道

我国历来就有“客来敬茶”一民俗。古代的齐世祖、陆纳等人曾提倡以茶代酒。唐朝刘贞亮赞美“茶有十德”,认为饮茶除了可健身外,还能“以茶表敬意”、“以茶可雅心”、“以茶可行道”。唐宋时期,众多的文人雅士如白居易、李白、柳宗元、刘禹锡、皮日休、韦应物、温庭筠、陆游、欧阳修、苏东坡等,他们不仅酷爱饮茶,而且还在自己的佳作中歌颂和描写过茶叶。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0513/article_108318.html

我が国にはかねてから”お客様を茶でもてなす”習慣があります。古代の斉の世祖、陸納は酒に替えて茶を用いることを唱えました。唐朝の劉貞亮は”茶には十徳がある”と賛美し、お茶を飲むことは健康の他に”敬意を表すること””雅な心を表すこと””道を表すこと”ができるとしています。唐や宋の時代には、白居易、李白、柳宗元、劉禹錫、皮日休、韋応物、温庭筠、陸游、欧陽修、蘇東坡などあまたの文人達が、愛飲するだけではなくその作品中で茶を賛美して描写したことがあります。

もっとも基本的なお茶の出し方の作法は、お客様が訪ねてきたらすぐにお茶を出すことです。お茶を出す前にお客様の好みを聞き、もしお菓子の用意があれば、まずお菓子を先に出し、その後でお茶を出します。

ことわざでは、”酒は満たすが、茶は半分”といわれます。お茶を出す際には、以下のようなことに注意しましょう。
・茶はいっぱいにしすぎてはいけません。八分目ぐらいまで満たすのがよいです。
・水温は熱くしすぎない。お客様にやけどをさせないようにします。
・2名以上にお茶をお出しする際は、水色を均一にします。お盆に一緒にのせ、左手はお盆の底につけ、右手はお盆の縁に沿えます。お菓子はお客様の右前方に置き、茶杯はお菓子の右側に置きます。
・お茶を出す際には、“失礼します”と一声かけ、右手を使い、お客様の右側からお茶を出します。その際に微笑みながら、目は相手の方を向け「このお茶は、あなたのお茶です。どうぞごゆっくり!」という気持ちを伝えるようにしましょう。
・お茶を出す順番は、職位の高い順番でまず職位の高いお客様に出します。自分の会社の同僚に出す際も職位の高い順にします。

もし、コーヒーや紅茶でお客様をもてなす際は、カップの取っ手とスプーンの柄はお客様の右側になるようにし、1包みづつの砂糖とミルクを準備し、カップの横(コースターの上)に置き、お客様が自分で取りやすくします。

 

中国流のお茶の出し方です。
茶芸も基本的にこの考え方に則っています。
作法といっても、基本はお客様に失礼の無いように、歓迎の意味を表すという点については、中国でも日本でも全く同じです。

茶藝と茶空間の最近記事

  1. 中等職業専門学校の専攻科目に茶藝と茶マーケティングが追加

  2. 広東でオーダー茶器が流行

  3. 貴州省の茶藝コンテスト

  4. 茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

  5. ”鉄瓶を使うと水質が柔らかくなる”は本当か?

関連記事

PAGE TOP