中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 4 view

雲南企業は原料茶だけに甘んじません

云南企业树立品牌 滇红不供散茶销售

2000年前,云南茶叶市场是红茶、绿茶、普洱茶三足鼎立;2000年到2007年,普洱茶一家独大,普洱茶价在2007年达到顶峰。如今,云南一些茶企又开始着手攻坚云南红茶、绿茶两个市场。第五届中国云南普洱茶国际博览交易会昨日继续,滇红集团和云南中茶茶业有限公司明确表示要加大红茶的开发力度。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0415/article_106903.html

 

2000年以前は、雲南の茶葉市場は紅茶、緑茶、プーアール茶の三本立てだったが、2000年~2007年にかけてプーアール茶だけが大きくなり2007年には価格のピークを記録した。しかし、雲南の企業は紅茶と緑茶の2つの市場の攻略を始めた。第5回中国雲南プーアール国際博覧交易会では、滇紅集団と雲南中茶茶業が明確に紅茶の開発に力を入れていた。

紅茶というとリプトンが思い浮かびますが、実は滇紅集団のお茶は原料茶として娃哈哈、統一、康師傳など全国ブランドの原料茶の一部に採用されています。

原料茶の供給は企業の生き残りの問題を解決しますが、雲南の企業はこれに満足していません。

滇紅集団は自社で2000ヘクタールの優良な生態茶園を持っており、そのうちの3分の2はスイスのIMO国際有機認証をパスしています。また、滇紅集団は茶葉研究所も自社で持ち、300以上の品種と100名以上の専門家を擁し、5000トン以上のお茶を生産販売しています。
滇紅集団は今後はランクの低い原料茶の供給をやめ、”経典58紅茶”のような自社ブランドに力を入れていく方針です。
滇紅集団は、また2億元を投資してブランドの販売網を構築します。

雲南のもう1つの大企業、雲南中茶茶業はあまり紅茶を作ってはおらず、2009年にはロシアやポーランド向けの輸出量も減らしました。とはいえ、「実際には、世界の紅茶の市場はとても大きく、雲南の紅茶は品質も良いので、このマーケットを伸ばしたいと考えています」と語っている。

雲南省茶業産業事務所の主任は、「数年前までプーアール茶の販売ブームに押されて原料が高騰し、本来安定的に伸びるはずの紅茶が減産危機にあった。この2年ほどは、プーアール茶が調整の時期を迎えたので、まさに今が雲南紅茶と緑茶を急速に伸ばす時期で、雲南のお茶は両方とも伸ばすことが出来る」と述べています。

 

滇紅集団のお茶は飲んだことがありますが、結構美味いです。
今年の干ばつの影響は気になるところですが、雲南毛峰などの緑茶や雲南紅茶は美味しいものも多いので、ぜひ頑張って欲しいと思います。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP