中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

パンダ茶の茶摘み、始まる

値段の高いこととパフォーマンスが注目される四川省雅安市の”パンダ茶(熊猫茶)”。
3月に入って、茶摘みが始まったようです。

四川雅安天价“熊猫茶”春茶三月首采

3月初,四川雅安“熊猫茶”生态茶山迎来一年一度的春茶采茶时节,一对打扮成大熊猫模样的父女在茶山上采集春茶。这里的茶树“熊猫茶”创始人安琰石从2011年11月开始,先后用了近10吨熊猫粪便种植出的“熊猫茶”被称为茶中“稀品”,每斤定价近22万元人民币。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201503/00000043.html

3月の初め、四川省雅安市の”パンダ茶”生態茶山では年に1度の、春茶の茶摘みの季節を迎えました。パンダの親娘に扮した一組の親子が春茶を摘みました。この”パンダ茶”は安琰石氏が2011年11月より始めたもので、まず10トン近くのパンダの糞を集めてそこに茶樹を植えたもので、”パンダ茶”は茶の中の”珍品”とされ、1斤の定価は22万元あまりになります。

 

今年の茶摘みはパンダの親子バージョンだったようです。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP