中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 82 view

陝西省、漢中仙毫などの茶摘み始まる

陝西省でも茶摘みが始まっているそうです。

漢陰県が実施した生葉の標準化摘み取りの実践訓練

漢中市城固県山花茶業が実施した春茶の開園イベント

春茶を摘む安康市平利県の茶農家

陽春の三月、春は温かくなり花が咲きます。陝西省南部の茶産地は気温の上昇が比較的早く、多くの地域で降水も多かったので、春茶の生産は昨年と比べて7~10日早くなりました。茶葉の生長も旺盛で、芽が太く、品質は優良です。

茶園管理の強化と標準化、規範化生産を行い、春茶の生産を確保するために、最近、陝西省園芸站と陝西省茶葉技術体系は、共同で『春茶生産工作技術要点』を発表し、これによって茶産地の技術部門と茶葉会社に春茶の生産におけるさまざまな作業の指導を行っています。

現在、各市、県、区の茶葉担当部門や技術普及組織と専門技術スタッフは生産の第一線で奮闘しており、抜き取り方式でのプロジェクトを進め、重点鎮や村、茶葉会社に入って現場での技術指導を行い、生葉の摘採とタイムリーな加工をし、製品の品質を厳格に管理することで、春茶の生産で好収益を挙げられるようにしています。

取材によると、現在、漢中市全域で加工された”漢中仙毫”は15トンで、荒茶の産出額は2200万元あまりに達し、昨年の同時期と比べてそれぞれ36%と40%の伸びとなっていて、個別の企業の生産も昨年同期よりも50%以上伸びています。安康市でも30%近い茶園が既に茶摘みを始めていて、生産した名優茶は10トンに達し、各茶産地でも烈火のように生産が行われています。

 

陝西省も茶摘みの時期が早くなったようです。
全般的に今年は早め早めになっているようですね。

産地情報の最近記事

  1. 浙江省紹興市柯橋区、花香型紅茶の研修会を実施

  2. 寒露、安渓鉄観音の茶王が生まれる時期

  3. 台湾との合弁企業が生産する信陽烏龍茶

  4. 人工衛星「安渓鉄観音1号」10月末に打ち上げへ

  5. ジャスミン茶がよくわかる、7つのQ&A

関連記事

PAGE TOP