中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 366 view

金駿眉の製茶シーズン始まる

金駿眉の原産地である福建省武夷山市の星村鎮桐木村では、今年の金駿眉の製茶が始まっているそうです。

 

最近、福建省武夷山市星村鎮の桐木村で生産される金駿眉が茶摘みと製茶のシーズンに入りました。武夷山は紅茶の製造の歴史が長く、金駿眉は武夷山の紅茶でも製法を刷新して生まれた代表的な製品です。

4月9日、茶師の梁駿徳(右)と息子の梁添夢が発酵した茶を見ているところ

4月9日、茶師の梁添夢が揉捻した生葉を解しているところ

 

写真に出ている梁駿徳さんというのは、金駿眉の開発者のうちの1人です。

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP