中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 96 view

金駿眉の製茶シーズン始まる

金駿眉の原産地である福建省武夷山市の星村鎮桐木村では、今年の金駿眉の製茶が始まっているそうです。

 

最近、福建省武夷山市星村鎮の桐木村で生産される金駿眉が茶摘みと製茶のシーズンに入りました。武夷山は紅茶の製造の歴史が長く、金駿眉は武夷山の紅茶でも製法を刷新して生まれた代表的な製品です。

4月9日、茶師の梁駿徳(右)と息子の梁添夢が発酵した茶を見ているところ

4月9日、茶師の梁添夢が揉捻した生葉を解しているところ

 

写真に出ている梁駿徳さんというのは、金駿眉の開発者のうちの1人です。

産地情報の最近記事

  1. お茶の害虫をスマホで調べるミニプログラム

  2. 80後の女性社長が引き継ぐ六堡茶の伝統技術

  3. お茶が分かりにくくなる理由

  4. 武夷山、50トンの茶が水害で廃棄処分に

  5. 安徽省の茶葉会社、3000トンの茶が水に浸かる

関連記事

PAGE TOP