中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. イベント・展示会
  2. 188 view

シェ族のお茶式典

福建省東部の福鼎市で、シェ族のお茶の式典というものが初めて開催されたようです。

4月6日、福鼎市太姥山鎮方家山村で茶摘みをする茶農家(ドローンによる撮影)

当日,“首届闽东畲族喊山祭茶典礼”在福建省福鼎市太姥山镇方家山村举行。

この日、”第1回閩東シェ族喊山祭茶典礼”が福建省福鼎市の太姥山鎮方家山村で開催されました。
ここ数年、福建省福鼎市は特色ある茶産業の発展に力を入れ、茶業を福鼎市の農村振興と庶民を豊かにするためのグリーン産業であり、支柱となる産業と位置づけています。2018年、福鼎市の茶園面積は20.3万畝に達し、茶の総産出額は56.88億元に上ります。

「喊」というのは「叫ぶ」という意味で、山に向かって叫ぶというシェ族の風習を活用したもののようです。
第1回ということでも分かるように、決して伝統的なものでは無いのですが、イベントを開催することで「メディアで紹介してもらって、お茶をPRしよう」という意図が強く出ています。
この時期の茶産地は、こうしたイベントが多数行われています。

イベント・展示会の最近記事

  1. 2021年の初摘みイベント、貴州省普安県で開催

  2. アフターコロナ時代の中国紅茶産業とは

  3. ”蔵茶の都”、東莞国際茶産業博覧会12月に開催

  4. 2020黄山茶会、感染症の影響についての報告

  5. ”青茶計画”シンポジウム、浙江省寧波で開催

関連記事

PAGE TOP