中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 15 view

四川省隣水県の龍須茶の茶摘み風景

四川省広安市の隣水県では龍須茶の茶摘みが最盛期を迎えているそうです。

四川邻水“龙须茶”进入采摘旺季

3月27日,四川省邻水县御林龙须茶叶合作社的茶农在采摘“龙须茶”的嫩芽。岚雾滋新叶,春风出嫩芽。清明节前夕,四川名茶,产于四川广安邻水县的“龙须茶”进入采摘旺季。“龙须茶”生长于日照时间长、昼夜温差大、常年云雾缭绕的华蓥山中段,外形条索细紧,圆直似针,因形似“龙须”而得名。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201603/00004109.html

3月27日、四川省隣水県の御林龍須茶葉合作社の茶農家は、”龍須茶”の新芽を摘んでいました。もやは新しい葉を育み、春の風は新芽を出させます。清明節の前夜、四川名茶である、四川省広安市隣水県の”龍須茶”は茶摘みの最盛期に入りました。”龍須茶”は日照時間が長く、昼夜の温度差が大きく、一年中雲霧がたなびく華鎣山の中腹で育ち、外観が細くて締まっており、丸く針のようになっていて、”龍のひげ”に似ていることから、その名前があります。

 

武夷山などで作られていた束状のものとは違う龍須茶のようです。
メーカーの販売用Webサイトはこちら。http://ccyllx.1688.com/

産地情報の最近記事

  1. 紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

  2. お茶の害虫をスマホで調べるミニプログラム

  3. 80後の女性社長が引き継ぐ六堡茶の伝統技術

  4. お茶が分かりにくくなる理由

  5. 武夷山、50トンの茶が水害で廃棄処分に

関連記事

PAGE TOP