中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 2 view

北京でも西湖龍井茶の新茶が売り出される

今年の西湖龍井茶の一番茶が北京の老舗茶荘にも入荷しているようです。
その価格はいかほどでしょうか?

 

头茬明前西湖龙井茶在京上市 曲线降价试探行情

今年头茬明前西湖龙井茶在周六坐着飞往北京的头班飞机,摆上老字号元长厚茶庄的柜台。而从昨天开始,陆续有更多级别的明前西湖龙井茶上市,零售价最低为2000元/斤。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201503/00000427.html

今年最初の明前西湖龍井茶は、土曜日の北京行き始発の飛行機に乗り、老舗の元長厚茶荘の店頭に並びました。昨日から、続々と様々なグレードの明前西湖龍井茶が発売され、小売価格は最低1斤2000元です。

元長厚茶荘の責任者の話によると、一番茶の西湖龍井については2種類の価格のお茶を用意しており、1斤8800元の特級茶と1斤8200元の一級茶をともに60斤用意しているそうです。高価格なお茶と一番茶については去年の価格を維持しており、もう少し価格の安いお茶はここ5年間で同店の最も低い水準に落ちており、業界内ではこの価格曲線の降下は、高級茶の市況を探る物と見做されています。

西湖龍井茶は今年は3月18日に小規模に摘み始まり、天候の理由から、月曜日からようやく大量の明前茶が発売されることになりました。西湖区龍井茶産業協会会長の商建農氏は、今年の西湖龍井茶の総生産量は少し増える見込みと見ているそうです。

 

一番茶こそ、お値段を維持しているようですが、その下のランクの値段は随分と下がってきている傾向のようです。相変わらずの北京価格ではありますが・・・
贈答用以外の個人消費で、高級茶はいくらで売れるのか、を業界も手探り状態と言ったところでしょうか。

 

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP