中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 標準・基準
  2. 4 view

烏龍茶の国家標準、単ソウと佛手を議論中

安渓で全国茶葉標準化技術委員会が開催され、次の国家標準について話し合われたようです。

全国茶叶标准化技术委员会乌龙茶工作组会议在安溪召开

近日,全国茶叶标准化技术委员会乌龙茶工作组第二届一次会议在安溪召开。全国供销合作总社杭州茶叶研究院副院长郑国建、全国茶叶标准化技术委员会秘书长翁昆、泉州市质监局陈经文调研员、安溪县人民政府谢志攀副调研员、乌龙茶工作组全体成员、以及安溪县龙头茶企负责人,共40多人出席会议。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2015/0106/article_176653.html

先日、全国茶葉標準化技術委員会の烏龍茶チームの第2回一次会議が安渓で開催されました。全国供給販売協力総社杭州茶葉研究院副院長の鄭国建氏、全国茶葉標準化技術委員会秘書長の翁昆氏、泉州市品質監督局の陳経文調査員、安渓県人民政府の謝志攀副調査員、烏龍茶チームの全体メンバーと安渓県の龍頭企業のトップなど40名あまりが会議に出席しました。

席上、鄭国建副院長、翁昆秘書長、孫威江教授は、それぞれ「中国茶の標準化水準と問題」「中国茶葉標準化体系と標準制定の流れ」「中国烏龍茶の発展の歴史と展望」について報告し、茶の国家標準における急を要する改訂と指標の進め方について解説しました。会議ではまた、烏龍茶チームの組み替え作業を完了し、すでに制作した国家標準「烏龍茶 第6部分:単ソウ」「烏龍茶 第7部分:佛手」について意見を求めました。
会に参加した幹部と専門家は第1回烏龍茶チームの業績を高く評価し、第2回烏龍茶チームが速やかに烏龍茶の標準の制定及び改訂を進める任務を完了することを望みました。烏龍茶の標準がより完璧なものになれば、烏龍茶産業の標準化生産、加工ができ、烏龍茶製品のブランド化が促進されるからです。

 

烏龍茶の国家標準は、第1部分:基本要求、第2部分:鉄観音が既に施行され、黄金桂、色種、大紅袍、水仙、肉桂などを検討することが表明されていますが、単ソウや佛手なども検討されているようです。

標準・基準の最近記事

  1. 陳香型鉄観音についてのQ&A

  2. 宜昌紅茶標準連盟設立。標準制定へ

  3. 六堡茶の国家標準公布。来年1月より施行

  4. 六堡茶の製造と官能審査用語、地方標準に

  5. 花茶の標準化会議、福州で開催

関連記事

PAGE TOP