中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

広東省の水のコンテスト

中国では安全性の問題などから、水を購入する人たちが増えています。
そうした流れを受けてか、お茶用の水のコンテストが広東省で開催され、参加する銘柄を募っているようです。

广东十佳品茶专用水品牌评选企业报名参评踊跃

记者日前从“广东十佳品茶专用水品牌”评选组委会获悉,该评选自启动以来,水企踊跃报名参评,怡宝、景田、鼎湖山泉等的积极性很高,而东莞爱维、鹤山加伦加、罗定名将、广州花之龙、阳山山泉、廉江仙人嶂等众多水企更是第一时间确定报名参评。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0921/article_174136.html

先日、”広東十佳品茶専用水ブランド”選考組織委員会で取材したところ、このコンテストが始まってから、水を販売する業者からのエントリーが続々と来ており、怡宝、景田、鼎湖山泉などはとても積極的で、東莞愛維、鶴山加倫加、羅定名将、広州花之龍、陽山山泉、廉江仙人嶂などの多くの水ブランドの会社もコンテストに参加するでしょう。

「我々の水をまず飲んでみて、味はどうでしたか?」最近、選考組織委員会には、多くの水会社の社員が出入りしており、どの会社も自社の水に対して、自信満々のようです。東莞愛維蒸留水有限公司の董事長・何祥氏は取材に対し、良い水はより多くの人々に飲めるようになるべきで、今回のコンテストが始まってから、会社はすぐに参加の申込をしました。彼によると、次は会社ではお茶を淹れるための専用水を売り出す予定だと明かしました。

同じように自社の水に自信満々なのには、加倫加天然山泉水有限公司の董事長・劉順媚氏もいます。劉順媚氏の話によると、良い山では良い水が出ます。加倫加社は鶴山市の宅梧龍潭山生態自然保護区にあり、ここは樹木が生い茂り、山は険しくて滝が何層にも折り重なり、湧き出る水は清冽で、かねてより寿郷の美称があります。このほか、加倫加社は巨額を投じて最新の全自動デジタル化した水の生産設備と高度な検査設備を備えており、イオンによる分析器や透明度の分析器、オゾン分析器などの設備を整え、一滴の水に19項目ものリアルタイム検査を行っており、消費者に健康で安全な優れた天然のミネラルウォーターを提供しています。

聞くところによると、このコンテストは、南方日報社、広東省文学芸術界連合会、広東省民間文芸家協会、広東省ボトルドウォーター業界協会が共同で開催するもので、このとき同時に選出したものには、”広東十大茶郷”、”広東十大名茶”、”広東で人気の十大茶葉ブランド”、”広東十大茶葉専門市場”があります。

広東省ボトルドウォーター業界協会の羅坦氏によると、茶と水は密接な関係のある業界だと言います。良いお茶には良い水が必要で、どのようなお茶にどのような水が合うのかは、その中に大変科学的な原理が含まれています。良い山では良いお茶が出来、良いお茶には良い水が必要です。”広東十佳品茶専用水ブランド”は優良な水ブランドの企業を専門的に選ぶイベントであり、今回は茶と水の業界が共同でマーケティングを行うという試みでもあり、必ずや両業界にとってのメリットと相互の販促につながり、共存共栄ができるでしょう、と話しています。
 

陸羽の時代から、どこの水がお茶に良い、というのは茶人の関心事でありました。その今風な形が、今回のミネラルウォーターのブランドコンテストなのかもしれません。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP