中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 99 view

茶樹とラベンダーをセットで栽培して増収効果が

浙江省のある茶園では、お茶とラベンダー、ローズマリーなど香りの強いハーブを一緒に栽培することで、増収を図っているそうです。

浙江茶树套种香氛植物 每亩茶叶增收1万元

今天,在浙江绿野仙踪生态农业发展有限公司农林精品园的茶树与薰衣草、迷迭香等香氛植物套种示范区内,两名工人正在除草。椐了解,这样的套种模式不仅增加了60%的单位土地利用率,而且经济作物和香氛植物的驱虫效果提升茶叶质量和20%的产量,香氛植物本身经深加工也可以产生每亩5000多元的经济效益,综合下来,每亩茶叶大约可增收1万元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0815/article_172982.html

今日、浙江緑野仙踪生態農業発展有限公司の農林精品園にある茶樹とラベンダー、ローズマリーなどのハーブをセットにした模範区の中では2人の作業員が除草をしていました。取材によると、このようなセット栽培の方式は土地の利用率を60%増加するだけでは無く、経済作物とハーブの虫を駆除する効果もあって、茶の品質が上がり、産量も20%増えるそうです。ハーブ自体も加工をすることで、1畝当たり5000元あまりの経済効果をもたらすので、それらを合わせると、1畝当たりの茶葉は大体1万元の増収になるとのことです。

 

ハーブによる駆除効果とそのものを精油などの商品に加工することで、収入をダブルで見込めるということのようです。

 

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP