中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

お茶の電子商取引額は百億元に達する見込み

中国ではお茶の電子商取引(いわゆるネット販売)が成長中です。
今年の予測が中国茶葉流通協会から提示されたようです。

预计今年茶叶电子商务产值可达百亿元

最新来自中国茶叶流通协会的数据显示,近年来中国茶产业发展迅速,2013年全国茶叶总产量达189万吨,同比增长6.5%,全国茶叶农业总产值首次突破1000亿元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0629/article_171369.html

中国茶葉流通協会の最新データによると、ここ数年、中国の茶産業は急速に発展を続け、2013年の全国の茶葉総生産量は189万トンとなり、昨年比6.5%の伸びとなりました。全国の茶の農業産出額は初めて1000億元を突破しました。

様々な商品の販路別に見ていくと、現在、電子商取引が急速に伸びていると言えます。中国茶葉流通協会常務副会長の王慶氏によると、電子商取引は一種の新しい製品販売の場であり販路のモデルで、現在、茶業界の全体の規模からすると大きくはありませんが、まだまだ発展の可能性があり、ほとんどの企業が販売で力を入れているところになっています。
昨年、茶葉の電子商取引による販売額は85億元に近づきましたが、現在の時点での伸びから推測すると、2014年末には茶葉の電子商取引の金額は100億元になると推測されます。

 

中国の場合、茶城やスーパーの商品も当てにならない、ということになってきているので、通販では不安では無いのか?と思うのですが、着実に伸ばしてきているようです。
近くの分からない店よりは、大手メーカーのネット直売店という向きやネットに抵抗のない若者の存在もありそうです。

 

市場環境の最近記事

  1. 普洱茶の世界から”私房茶”が少なくなった理由

  2. チベット自治区、”健康飲茶”作業実施計画を発表

  3. 四川省楽山市夾江県、ウズベキスタンへ緑茶を輸出

  4. 福州の茶葉市場の様子

  5. 浙江省の茶葉取引市場の様子

関連記事

PAGE TOP