中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 2 view

中国のお茶市場では黒茶、紅茶、白茶が熱い

中国茶葉流通協会から、今年の春茶の情報と昨年の動向が発表されたようです。

黑茶、红茶、白茶仍是中国茶叶市场消费的热点

近日,中国茶叶流通协会副秘书长姚静波在广州春季茶博会发布会上表示,今年春茶上市时间偏晚,量价则均略有下降。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0528/article_170540.html

先日、中国茶葉流通協会副秘書長の姚静波氏は広州春季茶博会広報会の席上で、今年の春茶は発売時期が遅くなる傾向にあり、量・価格共に少し下落したとのことです。

席上、姚静波氏は統計数値を発表しました。2013年、全国の荒茶の総生産量は193万トンに達し、昨年比で7.8%の増加となりました。総産出額は1106.2億人民元で、昨年比で12.6%増加し、初めて1000億元の大台を突破しました。
税関の統計によると、昨年の中国茶の輸出は32.6万トンで、金額は12.5億アメリカドルで、平均単価は1トンあたり3920アメリカドルで、昨年比でそれぞれ3.92%、19.64%、15.13%の伸びとなっています。量・価格共に増えており、どちらも史上最高を更新しました。

茶の構造から国内の販売市場を見てみると、黒茶、紅茶、白茶は依然として消費のホットスポットになっています。そのうち、黒茶の価格の値上がり幅が最も大きくなっています。雲南普洱茶は、市場の需要が強いため価格がうなぎ登りになっており、個別の品種で見ると価格幅は80~150%の上昇になっているものもあります。湖南黒茶、広西六堡茶、四川蔵茶もどんどん消費者の歓迎を受けるようになっています。
紅茶の消費市場も依然として盛り上がっており、白茶の消費は徐々に盛り上がってきており、黄茶の成長も急速です。
これと同時に、緑茶、烏龍茶の消費は伸びてはいるものの、少し減速気味で、ギフト茶や団体購入のお茶の販売量が急減しており、高級茶の量と価格は下げ続けていて、その穴は大衆向けのお茶の伸びで補っている状態です。

今年の春茶の状況に関して、姚静波氏は、2014年春茶の品質は高く、量も足りており、平均価格は回復基調にありますが、人手不足の状況はより厳しくなっています。
今年、早春茶区の天気は曇りが多くて寒く、雨が多かったため、春茶の茶摘みと販売時期が例年に比べて10~15日前後遅くなり、ようやく4月中旬になって、春茶が大量に発売されました。
国の政策と経済環境の影響を受け、高級春茶の価格は明らかに下がっており、中級茶の価格は基本的には横ばいで、低級茶は10%前後値上がりました。そのうち、1kg200~600元の茶葉は比較的消費者に歓迎されていますが、市場の人気は依然として刺激を待たねばなりません。

 

緑茶、烏龍茶の伸びが鈍化する一方で、黒茶、紅茶、白茶の勢いが増しているようです。
価格は超高級茶が需要の関係で下がったほかは、人件費の高騰などから、生産コスト高で少し値上がりした、というのが大体の状況のようですね。

 

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP