中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 48 view

ジャスミンの花畑への補助金を増額

先日、世界重要農業遺産に選ばれた福州のジャスミンとその茶文化。
福州市では、ジャスミンの花畑に対する補助金の額を引き上げるほか、産業の高度化を考えているようです。

福州种植茉莉花补贴提至2000元/亩

东快讯(记者许才芳)在福州南三环边上的帝封江湿地上,除了是鸟类栖息的一处宝地,更是茉莉花的最佳种植地。自上月28日,福州茉莉花与茶文化系统被评为全球重要农业文化遗产后,昨日,记者获悉:福州对种植茉莉花的补贴从1500元/亩上升至2000元/亩。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0507/article_169873.html

福州市の南三環状線沿いにある帝封江の湿地は、鳥類の憩いの場になっているほかに、ジャスミンの花の栽培に最適な土地です。
先月28日に、福州ジャスミンと茶文化が世界重要農業遺産に選ばれてから、昨日、判明したことによると、福州市はジャスミンの花の栽培に出す補助金を1畝1500元から2000元に上げたそうです。

現在、福州市全体で大体1.5万畝がジャスミンの花の栽培に使われています。福州市は栽培地の拡大を考慮したり、生産規模の拡大を考えているのでしょうか?
「福州では大規模に生産規模の拡大を考えてはおらず、ほとんどは適地での栽培を少し拡大するぐらいで、より重要なのは品質の向上です」と福州市農業局の担当者は話します。

この担当者によると、ジャスミンの花がいわゆる文化遺産となったのは、その独自性が危機にあるからです。重要農業遺産への入選は、一つの価値観でよく説明ができます。都市と農業の間の平衡点を探す、ということです。

取材してみて分かったのは、将来、福州市はジャスミンの花の生態栽培・加工・旅行を組み合わせた地域を作り、そこへ集めて効率性を図ろうとしていることです。福州ジャスミン茶の品種園と優良品種の苗畑を作り、ジャスミンの花と水のある景色と湿地生態観光園を作ります。そしてジャスミン茶、ジャスミンの精油、茶ポリフェノール、カテキンなどを取り出し加工を行って、福州のジャスミン茶の全ての産業チェーンを集積した世界的な施設を建設し、福州のジャスミン茶業界の消費を盛んにします。このほか、福州市では世界規模の茶業の交易市場や茶葉の電子商取引プラットフォームの建設も計画しています。
 

重要農業遺産への登録をきっかけに、福州市ではジャスミン茶の産業を振興しようとしているようです。

産地情報の最近記事

  1. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  2. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  3. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  4. 英徳茶の過去・現在・未来

  5. 困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

関連記事

PAGE TOP