中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

黄山毛峰の茶摘みが始まる

安徽省の黄山毛峰の茶摘みが始まったようです。

黄山毛峰富溪生态茶园正式开园采摘

3月28日,全国十大名茶黄山毛峰在核心原产地黄山市徽州区富溪乡正式开园采摘。当天,当地的毛峰茶鲜叶收购均价约85元,与去年基本持平。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0329/article_168707.html

3月28日、全国十大名茶の黄山毛峰の中心産地、黄山市徽州区富渓郷の茶園が正式に開園し、茶摘みを行いました。この日、現地の毛峰茶の生葉買い上げ価格は約85元で、昨年とほぼ横ばいでした。

徽州区は全国名茶の里と重要茶産地であり、現在51630畝の茶園面積を有し、”三茶”茶園認証率は97.6%に達します。昨年、この地区の茶葉生産量は1710トンで、茶業の総出荷額は9億元を突破しています。
地元の専門家によると、ここ数年、”明前茶”などの高級茶市場のブームが縮小しており、茶農家の収益も低下しています。
安定した茶の生産のため、徽州区は茶葉会社の内部でのコストダウンを進め、市場を細分化して販売を拡大するよう指導しています。同時に茶農家に茶園管理の強化を奨励し、中低級のお茶の生産を拡大するように指導しています。
取材によると、今年、徽州区の中低級茶の比率は7割にまで増える見込みで、元々よりも10ポイントほど高くなります。徽州区全体の茶の総生産量と茶農家の収入は基本的には横ばいを実現できそうです。

開園式典では、徽州区は各郷鎮の優秀な摘み手を集めて、茶摘みコンテストを実施し、競争を通じて訓練を行い、専門家が評価をすることで、茶農家に新茶の良い摘み方を指導しています。
このほか、 茶文化文芸表演を行うほか、無形文化財となっている黄山毛峰の伝統的な製作技法を披露するなどのイベントを実施しました。
 

黄山毛峰も出揃い、著名な緑茶は大体揃って、清明節を迎えられそうですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP