中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 6 view

普陀佛茶、烏牛早から茶摘み開始

早くも普陀佛茶の茶摘みが始まったようです。

 

普陀佛茶园开始采摘特早品种“乌牛早”

2月16日早上6时左右,近50位采茶工来到东港塘头普陀佛茶园采摘特早品种“乌牛早”。

“因为年初几天气候温暖,雨水充足,茶树发芽早,长得快。为了防止芽头过老,我们趁下一波雨天来临前赶紧摘了。”据普陀山旅游食品有限公司负责人袁巍介绍,采摘下来的茶叶,需要经过摊青、杀青、揉捻、烘青、炒青、烘干、提香等多道工序才能成品。随着气温回暖,新茶将批量上市销售。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0218/article_166923.html

2月16日の朝6時頃、50名ほどの茶摘み人が浙江省舟山市東港街道の塘頭普陀佛茶園にやってきて、早生品種の”烏牛早”の茶摘みを行いました。

「年初の気候が温暖で、雨も十分にあったため、茶樹の発芽が早く、成長も早いです。芽が老化するのを防ぐため、雨が来る前に急いで茶摘みをしました」と普陀山旅游食品有限公司の責任者は話します。摘み終えた茶葉は、攤青、殺青、揉捻、烘青、炒青、焙煎、提香などの多くの工程を経て製品となります。気温が温かくなるにつれ、新茶は大量に発売されます。

 

普陀佛茶はどうやら色々な品種から作られているようですね。
品種が違えば味も香りも違うお茶になるので、こうなってくると名茶の特徴を一言で表現するのはますます難しくなります。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP