中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

茶畑では施肥の季節

春に向けて、現在、福鼎白茶の産地・福鼎市点頭鎮では、茶畑に肥料を撒く作業が行われているようです。

 

福鼎点头茶农忙施催芽肥助春茶丰产

人勤春来早,为促进茶芽快速生长,确保能在短时间使茶芽生长粗壮,提前采摘,获得较好的经济效益。正初春,在福鼎茶乡点头镇的茶园里,处处可见茶农们抢抓气温回暖及晴好天气,忙施催芽肥的忙碌身影。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0216/article_166829.html

 

春が来る前に、お茶の芽の成長を促し、短期間で芽を太くすること。これが茶摘みの前にできれば、良い経済効率を得ることが出来ます。初春、福鼎市の茶産地である点頭鎮の茶園では、茶農家が気温が温かく、晴天の日を選んで、忙しそうに肥料を与える姿があちこちで目につきます。

周さんは点頭鎮の一般的な茶農家で、8畝の産量の多い品種”福鼎大白茶”の畑を経営しています。2月12日、彼の茶園に行ってみると、2名の村人を雇い、茶園に肥料を与えているところでした。彼の話によると、現在の曇りの天気は肥料を撒くのには悪くない天気で、ここのところ毎日2~3畝ほど肥料を与えているそうで、大雨などに遭わなければ、大体1日か2日で全部終わるとのことです。

調べみると、現在、茶産地の点頭鎮の茶園は全て芽の出を促す肥料を撒く時期に入っています。茶農家たちは茶樹から新芽が出るときに、よりよく芽を太らせ、立派なものにするために肥料を撒いています。これは、春茶の産量と品質を高めるためには重要な措置です。茶農家が科学的かつ有効な施肥を行い、春の茶園管理をきちんと行えるようにするため、地元の点頭鎮の農業センターも職員をすぐに派遣して、技術資料を示しながら、手取り足取り指導を行っており、茶農家たちに好評です。

福鼎市点頭鎮は”福鼎白茶”の主要な産地で、鎮全体の茶園面積は2.6万畝に達します。春茶は年間を通した茶葉生産の中で、産量が最も多く、経済効率の高い季節の茶葉です。そのため、このように施肥を上手に行うことで、芽を太くし、春茶の豊作と増収を実現することが、多くの茶農家たちが特に重視していることです。

 

あまり茶畑で肥料を撒いている写真というのは見られないので、貴重な一枚ですね。

 

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP