中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶と旅
  2. 2 view

成都のリッツカールトンは茶に力を入れる

成都にオープンしたリッツカールトン。
茶館の多い街らしく、このホテルでは茶文化に重きを置いているそうです。

成都丽思卡尔顿酒店重点突出茶文化

10月9日,中国西南地区成都富力丽思卡尔顿酒店正式开门纳客。这是丽思卡尔顿酒店集团在中国的第9家,也是亚太区第19家酒店。地处成都古代皇城中心位置,位于摩登现代的城市中心天府广场侧,拥有353间设计独特的舒适客房。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/1014/article_162520.html

10月9日中国西南地区の成都リッツカールトンホテルが正式にオープンしました。このホテルはリッツカールトングループの中国での9店舗目で、アジア太平洋地区では19番目のホテルです。
場所は成都の昔の皇城の中心にあり、現在の街では天府広場のそばにあり、353部屋の独自デザインの快適な部屋があります。
部屋のデザインは成都の伝統的な古い街の路地にインスパイアされており、オリエンタルな要素をモダンなたたずまいの中に取り入れています。
お客様はリッツカールトンの個性的なサービスを感じられるだけでは無く、現代流にモダンにアレンジされた成都独特の茶文化体験も楽しめます。 フロントではウェルカムティーが用意され、客室では上質な茶器が7種類の茶葉とともに用意され、FLA IRというバーでは、独特のお茶を使ったカクテルが楽しめます。

 

お茶好きは、成都に行ったら是非泊まってみたいホテルですね(^^)

茶と旅の最近記事

  1. 茶馬古道の保護と利用研討会、雅安で開催される

  2. ”大別山茶馬古道”の商標登録に成功

  3. 中国美麗茶園、2019年のリスト

  4. 蒙頂山国家茶葉公園の記念式典の様子

  5. 蒙頂山、国家茶葉公園に

関連記事

PAGE TOP