中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 49 view

世界生産量の6割を占めるジャスミンの花の産地

ジャスミン茶の一大産地として知られる、広西チワン族自治区にある南寧市横県。
その生産量をみると、世界でも有数の規模であることに驚かされます。

 

横县茉莉花年产量约占世界总量六成

号称“中国茉莉之乡”的广西横县茉莉花种植面积10万亩,年产鲜花8万吨,茉莉花产量和花茶产量均占全国总量的80%以上,占世界总量的60%以上。这是记者从昨日在南宁举行的第八届全国茉莉花茶交易博览会、2013年中国国际茉莉花文化节新闻发布会上获得的消息。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0804/article_160228.html

”中国ジャスミンの里”として知られる広西チワン族自治区南寧市横県のジャスミンの花の栽培面積は10万畝で、年産8万トンの生花を生産し、ジャスミンの花と花茶の産量は全国の80%以上を占め、世界規模で見ても60%以上を占めます。これは、昨日南寧市で開催された第8回全国ジャスミン茶交易博覧会で開催された、2013年中国国際ジャスミン文化節のプレス発表会で得た情報です。

聞くところによると、横県のジャスミン産業は中国、あるいは世界のジャスミン産業の方向と未来を代表しています。
2000年6月、横県は国家林業局と中国花卉協会により正式に”中国ジャスミンの里”と命名されました。2006年4月には、横県は国家工商総局商標局が出す”横県茉莉花茶”の証明商標を取得し、同年7月にはまた、国家品質監督検査検疫総局が批准する”横県茉莉花地理標志産品保護”を受けました。
現在、横県のジャスミンの栽培面積は10万畝、花の生産農家は30万人あまり、生花の生産量は年8万トン、ジャスミンの生花の販売収入は8億元あまり、花茶加工企業は150社、年間に加工される花茶は6万トンで、生産金額は25億元になります。
ジャスミンの花の産量と花茶の産量は全国の80%以上、世界の60%以上を占めており、既に地域化の配置と、大規模生産、産業科経営と規範化管理の体系を整備しています。

ジャスミンの香りは、天下に香ります。2000年から、横県は第7回全国茉莉花茶交易博覧会、第3回中国国際茉莉花文化節の開催に成功しました。2011年、中国国際茉莉花文化節は”中国十大国際影響力のあるイベント”賞を獲得しました。
濃郁なジャスミンの特色をもち、テーマの鮮明なイベントによって、全国のジャスミン産業のレベルアップと、国際的なジャスミン産業の相互交流の交流基盤となり、ジャスミン(茶)産業は発展の新たな段階に達しました。横県のジャスミンは既に全国でも独占的な資源と産業になっており、それゆえに横県の人民を花で富ませ、幸せにしています。

 

まさに”ジャスミンの街”という表現がピッタリの街のようです。
広西チワン族自治区南寧市横県という地名は、ジャスミンを語る上で外せない場所ですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP