中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 6 view

行政が「緊急茶摘み隊」を組織

あちこちで茶摘みが行われているわけですが、中国のお茶の多くは手摘みに頼っています。
しかし、ここのところの人材不足は非常に深刻化しており、江西省上饒市にある婺源県では、行政が一つの対策を用意したようです。

 

婺源为全县计划生育农户提供十支“应急采茶队”

“如果没有他们帮忙,我的这片茶叶就老了,损失就大了。”5月2日,笔者来到思口镇思口村,村民张水兰告诉笔者。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0504/article_156418.html
「彼らの助けがなかったら、私のお茶はすっかり大きくなってしまって、損失が大きくなっていたことでしょう」

5月2日、記者が思口鎮思口村にやってきたところ、村民はこう訴えました。

現在、著名なお茶の郷である婺源では、まさに春茶の”婺緑(婺源緑茶)”の茶摘みシーズンで、彼女一人の労力では、彼女の20畝の茶園を短期間に全部収穫するのは無理なことでした。しかし、彼女の家は計画生育(一人っ子政策)の家のため、鎮の計画生育の幹部が組織した1チーム10名の茶摘み隊が、彼女を労働力の欠乏から救いました。

今年の五一期間、婺源県の計画生育部門は、多くの計画生育家庭が労働力の不足に直面することを理解しており、春茶の茶摘みの期間中、10チーム120名からなる「計画生育茶摘み隊」を組織し、各号家賃に分かれて、計画生育家庭のうち春茶の茶摘みが困難な家庭を手助けしています。
五一期間に150名あまりの計画生育家庭のお茶を1300kgあまり収穫する予定です。

 

農村の労働力不足に関しては、一人っ子政策の部署が対応しているんですね。
中国社会の色々な問題が、茶業にも現れているようです。

 

産地情報の最近記事

  1. 雲南高山茶の茶摘み始まる

  2. 雲南省著名産地の頭春茶原料価格

  3. 河南省信陽市光山県、黄金茶の茶摘み始まる

  4. 河紅茶、製茶シーズンに

  5. 金駿眉の製茶シーズン始まる

関連記事

PAGE TOP