中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

外地からの労働者にも保険を掛ける時代が到来

既報の通り、中国経済の成長に伴い、茶摘み人などお茶に携わる期間労働者の確保が深刻な問題になってきています。
労働条件の改善、という意味合いから、雇い主が期間労働者のために傷害保険を掛けるようになっているそうです。

黄山市黄山区为外来茶工买保险

今年茶季一开始,黄山市黄山区新明乡猴坑村茶叶种植户丁淑华就为雇用的16位茶工购买了人身意外伤害保险,成为当地茶农为外来茶工“上保险”的第一单。据了解,为外来茶工购买短期人身意外伤害险,如今在黄山区茶乡悄然兴起。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0416/article_155621.html

 

今年もお茶の季節が始まりましたが、黄山市黄山区新明郷猴坑村の茶葉生産者は、雇用した16人の茶の労働者ために人身事故傷害保険を購入しました。これは、当地の茶農家が外来の労働者に保険をかけた初めての例になりました。
調査によると、外来のお茶労働者に短期の人身事故傷害保険をかけることは、現在、黄山区の茶産地の中で静かに動き始めています。

黄山区は太平猴魁茶の中心的な産地で、毎年春茶の茶摘みの季節に限っても、よその土地から3万人あまりの労働者がやってきます。
この地域の茶園の多くは海抜が高く、地形も複雑で、山に登ってお茶を摘むことには、安全上の問題が潜んでいます。加えて、茶葉の生産には電力や機械などの操作もあるため、安全に関わる事故が起きやすい環境にあります。
今年から、黄山区では「安全な茶シーズン」創造キャンペーンを展開しており、当地の茶農家が外来のお茶労働者に保険をかけることを奨励しています。外来の労働者が安心して茶摘みや製茶に携わることができ、茶葉の品質をより高めてくれるようにするためです。
 

今まで掛けていなかったのがおかしいと言えばその通りなのですが、茶業もきちんとした産業として、労働者の安全を守るコストを織り込み始めました。
当然、コストアップにつながりますから、茶葉の価格にも反映させることになるでしょう。
お茶の値段は確かに上がっていますが、必要なコストというのが着実に増えているので、なかなかこの流れは変わりそうにありません。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP