中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

雲南の春茶は干ばつで減産の見込み

今年はあまり干ばつのニュースが表に出てこなかったのですが、雲南ではやはり影響が出ていたようです。

 

云南干旱致150万亩茶园受灾减产

记者从云南省农业厅茶叶处获悉,由于干旱天气持续,截至目前,全省茶园干旱受灾面积已达150万亩,成灾面积100万亩,春茶产量因此将同比减产10%左右。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0330/article_154884.html
雲南省農業庁茶葉所によると、乾燥した天気が続いたため、雲南省全域の茶園のうち150万畝で干ばつの影響が出ており、被害を受けたのは100万畝ほどで、春茶の産量は10%ほど落ちたとのこと。

雲南省の茶園は多くが山地に集中しており、水が得にくく、灌漑設備がないところも多いそうです。
昨年冬から今に至るまで、各地では高温が続き、雨が少なかったことから、省の全域の茶園である程度の乾燥の害が出ているとのこと。
最新の統計によると、乾燥の影響が出たのは150万畝で、そのうち被害が出たのは100万畝、主な被災地域は普洱市北部、臨滄市、大理州、楚雄州一帯に集中しています。

干ばつの影響により、被災地の春茶の発芽期、茶摘み時期、売り出し時期は伸びており、春茶の茶摘みと生産は例年より10~15日ほど遅くなっていて、春茶の産量は例年の同時期と比べて10%程度減産になると見込まれています。
現在、干ばつの影響による春茶の減産と、最近の茶葉市場動向の影響を受けて、春茶の単価は軒並み10%以上上昇しており、特に古樹茶の価格は大幅に上昇しています。

 

2006年のプーアル茶バブル崩壊で、雲南の茶葉の値段が下がる傾向にありましたが、今年は干ばつの影響で値上がりに転じています。
プーアル茶の場合は、さまざまな時期のお茶を混ぜていることも多いので、影響はやや長引きそうですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP