中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 31 view

雲南春茶の流通が本格化

新茶の茶摘みが始まる中、雲南省では今年の春茶の大量流通が始まっているようです。

 

普洱春茶大量开始集中上市

又是一年春茶上市的季节。3日一大早记者在普洱市茶源广场看到人头攒动,热闹非凡,停放在那里大车、小车上都堆放着一袋袋的茶叶,地上摆放着大包小包的茶叶,听到都是讨价还价的声音,到处忙着交易的人们。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0305/article_158212.html

 

記事によると、普洱市の茶源広場では、大小様々な車がやってきて、大きな袋に入った茶葉を降ろしていき、値段のやりとりの声が響いているとのこと。

今年の出来ですが、もう一雨欲しかったというのが現地の声のようですが、品質は悪くないそうです。
ただ、乾燥の影響を少し受けており、産量は少し減少しているとのこと。
価格は若干値上がりして、緑茶1kgあたりの値段は40~150元ぐらいとのこと。これは昨年と比較すると、1kgあたり5~10元の上昇だそうです。

普洱市思茅区にある茶源広場は、普洱市内の10県区の茶葉の大部分が集まる市場であり、西双版納州のお茶の一部も取引されているそうです。現在、この市場では茶商は毎日50~100トン程度の茶葉を取引しているとのこと。

 

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP