中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 6 view

鳳凰単叢が紅茶になって東南アジアへ

鳳凰単叢といえば、烏龍茶というのが一般的ですが、新しい動きがあるようです。

广东潮州:“单丛”华丽变身走俏东南亚
http://news.t0001.com/2011/0324/article_121756.html

潮州市の錫美村というところでは、試しに単叢で紅茶を作ってみたそうです。
これをタイや東南アジアに輸出したところ、意外にも好評で、注文がどんどん増えているそうです。

紅茶を作ることのメリットは、春茶の後に生産できることもあるようです。
また、生産量は落ちるようですが、値段はだいぶ良いとのことで、普通の単叢なら1斤30~40元程度だったものが、紅茶になると100元あまりで売れるそうです。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP