中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 7 view

お茶のブランド価値試算

信阳毛尖品牌价值41.39亿元

为检阅全国茶叶区域品牌的实力,进一步推动茶叶区域品牌建设,日前,中国农产品(茶叶)区域公用品牌价值评估课题组对全国113个茶叶区域品牌价值进行了评估,首次发布了今年全国83个茶叶区域公用品牌的价值。其中,信阳毛尖41.39亿元、西湖龙井44.17亿元、安溪铁观音44.01亿元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0430/article_107715.html

 

全国の茶産地のブランド力を測り、より茶産地のブランド化を推進するため、全国113の茶産地のブランド調査が終了し、第1回の今年は83の茶産地のブランド価値が発表になった。その結果、信陽毛尖は41.39億元で、西湖龍井は44.17億元、安渓鉄観音は44.01億元となった。

この課題グループの責任者は、今回の評価は茶産地のブランドを始めて全体的に比較するもので、国際的に使われているブランド評価の方法を参考にし、茶葉の業界特性を織り込んだ上で独自の評価基準を作成したと紹介します。今回の発表会では83のブランドの価値が発表されました。ブランド価値評価は、各産地の茶葉のブランドを伝えるだけのものではなくて、この評価を自分たちの産地のブランド構築発展のために使うことが大切であると、この会に参加した代表者たちは十分認識しなければなりません。

専門家は、産地ブランドは企業ブランドの一種特殊な形態であって、政府の後ろ盾を持って業界が前面に出て、その地域の農民が共同で使用するものです。農業の業界の中では、茶産地ブランド構築の条件はもっとも成熟しており、組織化の程度が比較的高く、付加価値も高いので、ブランド構築の成果は比較的顕著に表れます。調査によると、今回の茶産地ブランド評価とその他の産業のブランド評価には、比較的はっきりとした差異が見られます。これは指標を作る上で、茶葉の文化地位や歴史文化の伝承的要素が強いためです。

 

一度、ブランド評価の基準と最終結果を見てみたいですね。
この手の評価というのは、評価基準が全てです。
何を重視しているのかによって、今後の茶産地のブランドづくりを、政府がどうリードして行こうとしているのかが分かると思います。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP