中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 55 view

安渓鉄観音の茶摘みがスタート

福建省泉州市の安渓県でも茶摘みの開始式典が行われ、今年の収穫がスタートしたそうです。

 

穀雨が過ぎ、万物は生長します。

4月21日、2022年安渓開茶節が泉州市安渓県の感徳鎮で開催されました。開茶節の会場では、第1回中国茶葉科学イノベーションコンテスト、”観音鉄韵、健康同行”2022年安渓鉄観音ショートムービーコンテスト、”観音韵 茶郷美”国際フォトコンテストなどのイベントが同時に開催されました。

取材によると、茶産業は安渓県の最大の支柱産業と人々を豊かにする産業であり、安渓県は県内全域の茶園面積が60万畝に達し、年間の産量は6.2万トンです。安渓県内の120万の人口のうち80%が茶業に関わる産業に従事しており、農民の年間の平均純収入の56%は茶業からで、まさに”緑色銀行”によって地域を豊かにすることを実現しています。

 

烏龍茶の生産も始まっており、これでほぼ全ての産地で茶摘みが始まったことになります。
今年の安渓鉄観音の出来はどうなるでしょうか。

産地情報の最近記事

  1. 雲南白茶の特徴とメリット。福建白茶と比較すると・・・

  2. 雲南省双江県、1斤2~3元だった藤条茶の価格が十数年で80元あまりに

  3. 西湖龍井茶の熱波被害、全体の10%程度か

  4. 高温続きで西湖龍井茶の茶樹が焼け焦げる

  5. チベット自治区、初の茶の新品種「蔵茶1号」を登録

関連記事

PAGE TOP