中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 150 view

西湖龍井茶の茶摘み予想

中国でも暖冬の影響があり、今年は新茶の時期が早くなることが予想されているのですが、西湖龍井茶の産地でも僅かにお茶の摘採が始まったようです。

3月3日、浙江省杭州市の翁家山村にある西湖龍井茶原産地の茶園では、茶農家が初めての龍井茶の新芽をボツボツと摘み始めました。取材によると、今回摘んだ龍井茶の品種は”龍井43”で、例年と比べて1週間前後早いとのことです。現在の茶樹の成長状況と最近の転機の助教から、西湖龍井茶のまとまった量の茶摘みにはあと10日あまり必要とのことです。

例年、3月20日前後が茶摘み開始なのですが、今年はもう少し早くなるかもしれません。

 

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP