中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. イベント・展示会
  2. 66 view

外交部主催のイベントで福建茶を紹介

外交部が主導した福建省のプロモーションイベントが7月5日に開催され、福建のお茶もかなり力を入れて紹介されたようです。

茶藝師が動く万里茶路の図の前で伝統の烏龍茶茶藝を表演

茶藝師が大紅袍の茶藝を表演

淹れたての鉄観音茶

淹れたての大紅袍の茶湯

福建省は長い歴史のあるお茶の生産の盛んな省で、茶葉の産量は全国首位にあります。福建の武夷岩茶、安渓鉄観音、福州茉莉花茶、福鼎白茶などは、全てかなり有名です。

17世紀半ばから20世紀の初めユーラシア大陸を貫く”万里茶道”は、東の起点は福建の茶産地である武夷山で、西はロシアのサンクトペテルブルグに至り、全長は13000kmあまりありました。

7月5日、外交部の福建世界プロモーションイベントが外交部の南楼で開催されました。福建省の無形文化遺産展示エリアには、一幅の”万里茶道”の動く図が展示され、水が軽やかに流れ、船に揺られ、駱駝が歩き、炊煙も立ちのぼる様も見られました。

福建の茶藝師がこの空間で伝統の烏龍茶茶藝を表演し、国内外のゲストに鉄観音と大紅袍茶を届けていました。お茶の香りが立ちこめ、”茶道”はずっと続きます。不思議な”東方樹葉”は時空を越え、昔も今も伝わっています。

 

中国の外交の舞台でも優れた文化の一つとして茶文化を強烈に推してくることが増えているようです。

イベント・展示会の最近記事

  1. 浙江省泰順の全省茶歌大会

  2. 外交部主催のイベントで福建茶を紹介

  3. 福鼎市点頭鎮の第2回民間闘茶賽

  4. 2019九江国際名茶名泉博覧会が開幕

  5. 貴州省の製茶コンテスト

関連記事

PAGE TOP