中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 127 view

西湖龍井、3月19日より茶摘み開始

西湖龍井の茶摘みがいよいよ本格的に始まったようです。

伴随着明媚的春光,西湖龙井茶开始进入大面积采摘期。

  3月19上午,杭州梅家坞的龙井茶园中,采茶工在茶园中穿行的身影成为了一道靓丽的风景,引得游人驻足观看。由于春茶生长速度快,几乎一天一个样,工人们一刻也不敢懈怠。

美しい春の景色に伴って、西湖龍井茶も本格的な茶摘みシーズンに入りました。

3月19日午前、杭州梅家塢の龍井茶の茶園では、茶摘み人たちが茶園の中で身を化かがめる姿は美しい風景となっていて、観光客も足を止めて見学していました。春茶の成長速度は早いため、その日が勝負で、働いている人たちは一時も気が抜けません。

 杭州龍冠実業有限公司のブランドプロモーションマネージャーの宋佳氏は、現在の早生品種は中茶108号と龍井43号が主だといいます。例年と比べると、今年の西湖龍井茶の品質は、悪天候の影響を受けておらず、茶樹の全体的な生育も良好で、龍井茶の品質は悪くないといいます。取材によると、4斤あまりの生葉でようやく1斤前後の製品茶になるそうです。

 茶摘みをしたばかりの新鮮な龍井茶は、16~24時間の攤放を経たのち、一時も止まることなく茶師の手によって、炒青の工程を完成させなければなりません。「茶師たちは食事をしたらすぐに作業に取りかからなければなりません。最も忙しいときは、茶師たちは明け方の3時か4時にようやく休めるのです」と宋佳氏は言います。

今年は3月19日前後のスタートということで、ほぼ平年並みの茶摘み開始となったようです。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP