中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 30 view

安渓鉄観音の秋茶が発売。産量は2.1万トン

今年の安渓鉄観音の秋茶が出回り始めたようです。
産量や出来はどうなのでしょうか?

安溪铁观音秋茶已全面上市 秋茶产量2.1万吨

当前,安溪铁观音秋茶已全面上市,今年产量预计达2.1万吨,与去年同期基本持平,价格平稳,销路通畅。这是记者从安溪县政府昨日召开的2014秋季安溪铁观音信息通报会上获悉的。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/1011/article_174694.html

目下、安渓鉄観音の秋茶は既に全面的に発売されており、今年の産量は2.1万トンと推計され、昨年同時期とほぼ変わらず、価格の変動も少なく、売れ行きも好調のようです。これは安渓県政府が昨日開催した2014年秋季安渓鉄観音情報報告会で得た情報です。

話によると、夏に入ってから泉州市の季候や雨量は順調で、気温、降水量共に茶樹の成長に適したものとなりました。秋茶の茶摘みが始まってから、天気は晴天もしくは曇りが主で、昼夜の温度差が大きく、湿度も適当でした。10月4日以降はなかなか得がたい“北風の天気”が置き、茶の摘採や製造に最適でした。取材によると、今年の中高級茶(高級茶は毛茶の買い上げ価格が1斤300元以上、中級茶は毛茶の買い上げ価格が1斤150~300元、低級茶は毛茶の買い上げ価格が1斤150元以下)の産量が総生産量の60%を占めました。

今年の秋茶の販路も順調で、それぞれの大きな茶葉市場の責任者は皆、安渓鉄観音は全国各地域、各消費者層に比較的安定した消費層を持っており、他の茶類と比べても安渓鉄観音の価格は透明性が高く、コストパフォーマンスに優れるとされており、消費者に歓迎されている、としています。
安渓茶葉協会の各省外の支部による非公式な統計によれば、国慶節の期間、各支部の会員が地元に戻って購入していった量は昨年同期に比べて25%以上増加しているとのことです。茶葉の価格は理性的な水準に戻っており、取引される茶葉の量も明らかに増えていくだろうというのが、安渓の外で活動する茶商たちの共通した予測です。
中国茶都の毛茶交易市場における電子取引決算システムの実数のデータによれば、昨年同時期と比べて、9月20日の秋茶の発売以来、毛茶取引の取引量、取引金額共に5%の増加をしているとのことです。茶葉の取引平均価格については昨年同時期とほぼ横ばいとのことです。

 

今年の安渓の秋茶は価格変動も無く、品質的には良いものになっているようです。

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP