中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 13 view

機械化の進む、安吉白茶の産地

安吉白茶の産地では、収穫に先立って工場の準備を進めているようです。
しかし、今年は人に代わって機械を導入する例が増えているようです。

浙江安吉茶企新气象 机器换人备战白茶季

工作人员们正趁着中午天气暖和的时机,将茶机上覆盖的塑料薄膜全部扯下,用水将这价值不菲的机器擦拭干净,以待机器调试之用。近日,安吉县龙王山茶叶有限公司引进了一套价值100多万元的自动化流水线生产茶机,“这台机器可是个宝,有了这台机器,只需要2至3个人就可以将整个茶叶生产过程完成。比起人工炒制,速度快了很多。”该企业的负责人潘元清介绍说,和传统茶机相比,新生产线的生产效率和干茶品质稳定性都大幅提高。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201602/00003931.html

作業員たちは昼の暖かいときに、機械を覆っているビニール膜を全て剥がし、水を使ってこの価値が尋常では無い機械をきれいに磨き、機械の調整テストを待ちます。先日、安吉県龍王山茶葉有限公司は1セットの価格が100万元あまりの自動化流れ作業生産機械を導入しました。「この機械はまさに宝で、この機械があれば、僅かに2~3人で全てのお茶の生産を完成させることができます。人が炒るのに比べて、スピードもずっと速くなります」とこの会社の責任者・潘元清氏は言います。伝統的な機械と比べて、新しい生産ラインの生産効率と製茶された茶の品質の安定性は、いずれも大幅に高まります。

同じことは他にもあって、安吉吟詩茶葉専業合作社の社員たちも忙しそうにしていました。昨年購入したばかりの安吉白茶自動化流れ作業生産ラインの取り付けが終わったのです。合作社の社長である柏徳林氏は、今年の白茶の生産に自信を深めています。「新しい機械を使えば、24時間で2500斤の乾茶を作ることができます。今年、私たちは乾茶の産量を2万斤あまりと見積もっていて、販売額は600万元を超えるでしょう。そして、人件費のコストも15万元前後下げられます。こんなよいことは、どこを探してもないでしょう?私たちの社員は皆、今年の茶の生産にさらに自信を深めていますよ。機械で作れば、お茶はより均質になり、こうすることでよりよい値段で売れるのです」

来月末の前後には、また新しいシーズンの安吉白茶の発売が始まります。この収穫期を迎えるために、茶農家たちは早くも大がかりな準備を行っています。人を機械に代えるという大きなドラマは最も華やかな一幕です。取材によれば、現在、安吉県には白茶の自動生産化ラインが7本あります。先日、安吉宋茗白茶、嶴里嶴白茶などの茶の名門企業で見たのは、茶葉会社のオーナーは従業員を使って、流れ作業ラインの機械の清掃と調整作業を行っていて、新しい一年の白茶のシーズンに備えていることでした。
「新型の製茶機械は安吉白茶の生産における安定性と安全性を大幅に高め、安吉白茶の標準と一致させるための鍵は茶の品質を高めることです」と安吉県農業局経済作物所の所長であり、白茶の専門家である頼建紅氏は言います。このほか、現在茶摘み人の不足と人件費コストが軒並み上昇するという状況の中で、人を機械に代えるというのは安吉白茶の新しい発展の方向です。

 

生産現場では、コストのかかる人件費を自動生産化ラインなどで削減していく方向に進んでいます。ただ、こうした機械は導入コストがかなりかかるので、それなりの資本の集積が必要ですから、今後は中小の業者が少なくなり、一部の大資本の所に集中していく状況が生まれることになりそうです。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP