中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 4 view

有機肥料”柳葉秋”は茶樹成長の秘密兵器

台湾の技術を元に貴州省の会社が開発した”柳葉秋”というブランドの有機肥料の評判が良いようです。

 

“柳叶秋”有机肥成茶树生长秘密武器

“叶肥,树壮,尽管今年贵州遭遇了大旱,去冬新栽的茶苗没有一棵旱死,”这就是近日记者在开阳县茶园所看到的场景。据茶农透露,茶园之所以长势这么好,其实是有秘密武器的,都是使用“柳叶秋”牌有机肥带来的效果。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/1028/article_163060.html

 

”葉は肥えていて、茶樹も元気です。今年の貴州の干ばつに遭ったのに、昨年の冬に植えた茶苗も1本も枯れていません”。これは先日、記者が貴州省貴陽市開陽県の茶園で見た光景です。茶農家の話によると、茶園がこのように成長が良いのには、実は秘密兵器があって、どこも”柳葉秋”ブランドの有機肥料がもたらした効果である、と明かしてくれました。

調べてみると、”柳葉秋”ブランドの有機肥料は貴州地宝生物科技有限公司が台湾の生物発酵技術を導入し、これをベースに模索と研究を続け、新しい画期的な発酵技術と独特の配合を生み出しました。これは家畜の糞便と動植物の残体の栄養物質を使うもので、有機質を最大に利用でき、様々な栄養元素が含まれており、生物発光による除臭を行った、純天然の物質から作られた有機肥料です。開陽県の生育良好な10万畝あまりの茶園は、この”柳葉秋”ブランドの有機肥料のおかげです。

この有機肥料にはまた、緩やかに成分を出す性質と、効果が柔らかで無害性があり、肥料の持ちが良く、水分の保持もできるという利点があります。これによって、貴州省の山地の貧弱な土壌という性質を改良する効果もあります。この肥料を与えた後は作物の耐病性、耐干性、耐虫性が高まり、農薬の使用量も減少できます。茶農家にとっては、まさに茶の成長を良くする”粉ミルク”と親しまれています。

貴州省の茶園面積が急拡大している背景には、どうもこうした肥料の後押しもあるようですね。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP