中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 5 view

十大名茶の産地が共同宣言に署名

“十大名茶”主产地签署共同宣言

4月27日,来自西湖龙井、洞庭碧螺春、黄山毛峰、六安瓜片、祁门红茶、都匀毛尖、君山神针、武夷岩茶、安溪铁观音和信阳毛尖主产地的业界代表聚集信阳,共同签署了旨在维护“十大名茶”品牌声誉的《中国“十大名茶”共同宣言》。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0511/article_108196.html

 

4月27日、西湖龍井、洞庭碧螺春、黄山毛峰、六安瓜片、祁門紅茶、都匀毛尖、君山銀針、武夷岩茶、安渓鉄観音と信陽毛尖の産地の業界代表者が信陽に集まり、”十大名茶”ブランドの名声を守るための共同宣言に署名した。

我が国は茶葉生産、消費のナンバーワンの大国である。最近、お茶の種類が非常に多いため、管理が行き届かなくなり、標準が失われ、全業界に無秩序な競争や低レベルな競争が広がってしまっており、”十大名茶”のブランドと名声に深刻な影響を与えている。ここで、”十大名茶”の原産地の業界の代表が認識を一つにし、中国”十大名茶”のブランドイメージを守るために、製品認証、表示、包装に統一的な標準を設定した。

彼らは、中国”十大名茶”共同宣言において、次のような共通認識を達成した。
・十大名茶の力を貶めるものに打撃を与え、”十大名茶”の名声を共同で維持する。
・”十大名茶”の産業発展のための研究を促進し、”十大名茶”の名声を全世界的に広げる。
・毎年”十大名茶”討論会を毎年開催することを決め、”十大名茶”のウェブサイトを立ち上げる。

 

”万パク”とか言われてしまう国ですが、ブランドイメージの毀損に悩まされているのは海外企業だけではないようです。
諸説あった中国十大名茶ですが、これでオフィシャルなものとして確定したようですね。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP