中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 1 view

青島の嶗山茶はすべて標準化栽培を実現します

青岛崂山茶将全部实现标准化种植

4月 6日,崂山区出台《规范和扶持崂山茶产业发展试行办法》,从今年开始,连续3年对全区共2万多茶叶种植户标准用药、标准用肥和品种改良进行直接补贴。这意味着崂山茶将全部实现无公害、标准化种植。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0415/article_106916.html

今年から青島の嶗山区では、法令の施行に伴い3年連続で2万戸あまりの茶の栽培者に標準的な農薬使用と、標準的な化学肥料、品種改良の実行に対しての補助を実施します。
これは嶗山茶がすべて無公害で標準化栽培を実現することを意味します。

法令によれば区政府は毎年760万元を拠出し、560万元を標準的な農薬使用と肥料のために直接助成し、200万元を品種の導入に充てます。区農林局農業センターの主任は、「茶農家のために農薬や化学肥料の銘柄を統一し、共同購入して、決まった時間に一斉噴霧をします。茶苗を植えたい農家には、苗を提供し、きちんとした手順で品種改良を進めます。今は、今年の農薬や化学肥料の入札が終わったところです」と語っている。

区では昨年8000ヘクタールあまりの茶園で実験したところ、大変よい効果を得て、生葉の価格は10%以上も向上した。

「政府が直接援助することは、農家の農薬と施肥の問題を解決するだけではなく、無公害と標準化栽培を実現し、嶗山を国内一流の無公害茶園と有機茶の生産基地にする。すべての方面で嶗山茶の知名度と市場影響力を高めるものだ」と主任は語っている。

嶗山区の茶の栽培面積は約1万1000ヘクタールで、生産量は900万トンに達し、金額は1億元を超える。今後3年間で100ヘクタールの茶園を増やす計画だ。

 

標準化も善し悪しがありますが、さて、この試みはどうなるでしょうか。農薬と肥料メーカー(と入札に関わった政府の役人)だけ潤う構図にならなければよいのですが。。。

産地情報の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 蒙頂甘露の品種検討会

  3. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  4. 石阡苔茶の産地

  5. 「世界抹茶之都」を目指す、貴州省銅仁市

関連記事

PAGE TOP