中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 1 view

特早茶の産地では、既に茶摘み人が不足気味

四川省瀘州市では茶摘みが全面的に始まっているようです。
と同時に、茶摘み人の争奪戦も始まっているようです。

 

泸州纳溪采茶工走俏市场

春回大地,近日,纳溪特早茶进入全面开采阶段,在护国镇梅岭茶山上,到处都是三三两两的采茶人,可是对部分茶场来说,采茶高峰期的来领,采茶工的人手却显得有点紧张。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0224/article_167219.html

春になり、ここ数日、納渓特早茶は全面的な茶摘みの段階に入り、護国鎮の梅峰茶山では、至る所に茶摘み人の姿が見えます。ただ一部の茶園では、茶摘みのピーク時期になると、茶摘み人の人手がやや緊迫しています。

<良く晴れた天気で茶摘み人は茶摘みに追われます>

瀘州市納渓区護国鎮の梅峰茶場に行ってみると、旧暦の正月7日から、この茶園の模範茶園では続々と特早茶の茶摘みが始まっていきました。しかし、その後、連日曇りや雨と低温が続いたことで、特早茶の茶摘みは1週間前後中断しました。現在は曇りや雨の天気が終わり、気温も回復に向かっており、特早茶は一日一日が違う表情を見せるので、茶摘み人の需要はどんどんと増しています。

「現在50人あまりの茶摘み人が茶摘みを行っています。しかし、まだ人手不足という感覚があります」とこの茶園の経営者は茶摘み人の募集で、頭を痛めています。彼の話によると、茶摘み人を集めるために、1斤当たりの生葉の価格を去年の23元から、25元に引き上げました。「人手が足りないと、茶葉が成長しすぎて老いてしまい、価格も上がらなくなってしまうのです」と心配を吐露します。

茶摘み人と話をしてみると、特早茶の茶摘み人の工賃は一般的には1斤25元前後で、高いところでも1斤30元だそうです。ある茶摘み人は、最近、7時頃に山に登って茶摘みを始め、1日茶摘みをして山を降りてくると、3斤ぐらい摘めるそうで、90元になります。彼女によると、まだ自分の茶摘みはぎこちなさがあって、中には1日に4斤のお茶を摘める人もいると言います。

護国鎮農業所の職員の話によると、清明節を区切りとして、一般的にお茶は”明前茶”と”明後茶”に分けられ、今摘んでいる特早茶は最も早いお茶であり、最も良いお茶です。特早茶の茶摘みが始まってから清明節までは、大体2ヶ月ぐらいで、茶摘み人がこの時期に稼げる額は平均して5000元に達します。今は茶摘み人の不足があるので、多くの農民たちも農閑期に茶摘みに参加しています。

 

茶摘みが始まったものの、今年も人手不足は否めないようです。内陸の四川省でこの状況ですから、沿海部の浙江省などでは、もっと人手不足は深刻になるかもしれません。

 

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP